• Online: 3
  • Members: 27779
  • Reviews: 1243
  • Products: 1258
wasd.jp > > > Vengeance 2000 Wireless 7.1 Gaming Headset

Corsair ゲーミングデバイス

Vengeance 2000 Wireless 7.1 Gaming Headset

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8.0 7.0 9.0 5.0 7.0
※10点満点 登録ユーザー 1 人による評価の平均点です

製品情報

Vengeance 2000 Wireless 7.1 Gaming Headset

『CorsairCorsair』のゲーミングヘッドセット『Vengeance 2000 Wireless 7.1 Gaming Headset』の情報は準備中です。





製品詳細・購入

レビューを書く

『Vengeance 2000 Wireless 7.1 Gaming Headset』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (1)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 7 9 5 7

良い点 (Good)

●なんせワイヤレス。結構届きます。12mは嘘ではない気がします。

●5年ほどFPSをやっていますが遅延は気になりません。

●解像度はまずまずといったところ、高音質と呼べるぐらいの解像度だが、密閉型+充電池入りで、かなり篭もり気味な感じ。もしかしたら解像度は高いけれど篭っているせいで普通の解像度に聞こえるのかも。密閉型+50mmドライバのおかげで低音はすばらしく、メリハリがあり迫力もあります。
※2012/12/01追記。エージング?慣れ?で篭りはまったく気にならなくなりました。それのせいか初めて試聴した時より解像度が上がった気がします。

●マイクはクリアです。合格ラインです。

●シンプルで分かり易いドライバ。イコライザ。

●頑丈そうな本体。デザインは好きです。

●Vengeance 1500に比べて改善された装着感。1500が悪すぎた感がいなめないですが…。耳をすっぽり覆うタイプです。

●2年保障。

2013/4/5追記
ドライバーアップデートによりやっとDolby技術に対応しました。
●しっかりとしたDolbyのバーチャル7.1ch。今どの機能が有効になっているか一目で分かりやすいです。

悪い点 (Bad)

×少し重い気がします。7時間ほどつけていると肩がこってきました。

×値段が高い。

×ゲーム内の定位が微妙。左右の振り分けが極端すぎる気が…。

×初期状態だと音のクリアさは薄いです。ドライバーのイコライザーで調節しましょう。

×動画、音楽を再生時に発生する僅かなヒスノイズ。
これが一番のマイナスです。ワイヤレスだから仕方ないことなのかもしれませんし、自分の環境が悪いせいかも知れませんが、自分の環境だと、音楽・動画を再生し始めると小さな音で「サー」と僅かなヒスノイズが鳴ります。
GOMプレイヤーだと再生を一時停止した約20秒後にソレは治まり、YouTubeだと停止して約10秒後、ウィンドウズメディアプレイヤーだと再生をとめるとすぐにおさまる、など再生プレイヤーによってマチマチでよくわかりません。TS3などのサーバーに入る、ゲームを起動すると常時鳴っています。
恐らく、「音を発するものを起動した瞬間」に鳴り出すのだと思います。
まぁ、ほとんどゲーム音や音楽にかき消され気になりませんが、静まりきった静かな部屋で、小さな音量で、ゆったりとしたピアノなどを聴くと気になると思います。

2013/4/5追記
×サラウンドを有効にすると音量が少し下がります。
×新ドライバーになってからヒスノイズがでかくなったような…。

総評

◆その他◆

◆買う前は、「左側についてる大きいボタンがマイクミュートボタンか~」などと思っていたのですが違いました、本体電源ON/OFFのボタンでした。ミュートボタンが無かったのです。このとき、マイクミュートが手元で出来ない事実に衝撃を受けましたが、5日ぐらい使っているとマイクを跳ね上げた状態だと自分の声が入っていないことに気がつきました。もう分かったかと思いますが、説明書にも書いてない隠れ機能として、「マイクブーム跳ね上げでマイクミュート」機能が付いていたのです。
てっきりミュートできないと思ってたので一安心です。
と、思ったら公式サイトにそれっぽいことかいてありました。

◆これも環境によりますが、電子レンジ使用時に不安定になる気がします。自分は5mほど離れたところに電子レンジがあるのですが、母が使用すると少し音が不安定になる気がします。

◆ヘッドバンドが短い気がします。
最長で使用していてちょうどなので、頭の大きい人は注意したほうがいいかもしれません。

◆バッテリーの持ちは10時間あるか無いか、といったところです。大体、フル充電から使用して、8時間~9時間後に、電池切れが近いことをお知らせする「ピ!!」というブザーが1分おきに鳴り始めますので、実質無線で使用できる時間は8時間~9時間です。


評価について

★デザイン
好みの問題です。どストライクです。つや消しと光沢の使い方がいいですね。「10」です。

★機能
ヘッドセットに求められる基本機能はあります。独自の機能などは無いので-1、マイクミュートボタンも無いので-1、で「8」です。

★性能
音の解像度もいい感じ。ヴンヴン低音が効きつつ高温も綺麗。エージング(慣れ?)やイコライザをいじれば「篭り」もだいぶ解消され、クリアさもでます。
が、ヒスノイズが最初は気になったのでマイナス3ポイント、で「7」です。

★使い易さ
ドライバーも分かりやすく、接続は簡単で操作も分かり易いです。充電しながらでも使えます。電池のモチは10時間ぐらいあるきがします。電池もうチョット長く使えればよかったという意味をこめて-1で「9」。

★価格
いい製品なのですが割高な気がします。高いです。「4」。
電池が16時間ぐらいもったら「7」ぐらいの評価を与えれるぐらいの値段だと思います。

★総合
ステレオ音質は素晴らしいのですが、ヒスノイズ-2,価格が高いので-1の「7」

=まとめ=
ワイヤレス初チャレンジでしたが予想以上に楽ですね。
コレで椅子のキャスターでコードを踏むことも無くなりました。
ノイズもあれだけ書きましたが、ぶっちゃけ普通の音量で使ってるぶんには気になりません。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ