• Online: 3
  • Members: 27779
  • Reviews: 1243
  • Products: 1258
wasd.jp > > > Razer Copperhead

Razer ゲーミングデバイス

Razer Copperhead

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
6.4 6.6 6.8 5.4 5.0 6.9
※10点満点 登録ユーザー 8 人による評価の平均点です

製品情報

Razer Copperhead

分解能2000dpiを誇るレーザーエンジンRazer Precisionを搭載した最強のゲーミングマウス。レーザーエンジンセンサーは常にオンなので、一瞬の隙も許さないゲームでも必ず即座に反応する。

スペック

  • 分解能:2000dpi
  • Ultrapolling:1000Hz (125Hz & 500Hzへ調整可能)
  • レスポンス:1ms
  • オンボードメモリー:32KB
  • データパス:16bit
  • 最大トラッキングスピード:45ips
  • 最大加速度:20g
  • リフレッシュレート:7080fps
  • 7つのプログラム可能ボタン
  • 3つの錘&オプショナルダミーボタン
  • テフロンフィート
  • マウスサイズ:12.5cm×6.25cm×3.85cm
  • USB接続:金メッキ
  • コードの長さ:210cm

製品写真

Razer Copperhead Tempest BlueRazer Copperhead Tempest Blue
Razer Copperhead Tempest BlueRazer Copperhead Tempest Blue





製品詳細・購入

関連製品

『Razer Copperhead』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウスパッド マウスソール

レビューを書く

『Razer Copperhead』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (8)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 5 5 5 5 9

良い点 (Good)

―未入力―

悪い点 (Bad)

―未入力―

総評

軽くて、小さいくて使いやすい。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 5 5 5 5 7

良い点 (Good)

―未入力―

悪い点 (Bad)

―未入力―

総評

~気に入ったところ~
・横幅と厚さは少なくて使いやすいが、
そのせいですこし縦の長さを長く感じる。(特に問題はない)
・ホイールは回すとコロコロと音がするが、抵抗はすくない。
・右、左ボタン共に大きくて押しやすい。
・サイドボタンは右と左で合計4つあるが、これは右利き用、左利き用と分けて存在すると考えて良いので、実質2つ。
入力しやすく、誤操作をしづらい位置にある。

~気になったところ~
・マウスを浮かして移動させても、ポインタが動いてしまう。
最初はかなり気になったが、マウスパッドを使うことで少し軽減した。
・小さい綿ぼこりがレーザーの出るところに付くと、途端にポインタが遅くなる。ゲーム中に突然遅くなるのでやっかい。
・持ち方が変なせいかもしれないが、マウスの側面に出っ張りが指に食い込む。(別に痛くはないが)

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
4 8 7 4 1 4

良い点 (Good)

左右対称である。

悪い点 (Bad)

価格が高すぎる。

マウスパッドとの相性が激しい。

総評

最も使用した期間が短いマウス。
とにかく自分には合わなかった。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 5 7 7 3 6

良い点 (Good)

左右対称であることと。
重心が手のひら寄りにあるため、大きさの割りに滑らせる時軽く感じる。

悪い点 (Bad)

ファームウェアーの更新やサポートが海外という点
手のサイズが海外向けであるためサイドボタンが活用できる人とそうでない人がいる。
PC電源落としている時に突然光り始める。

総評

Arkなどで、並べて使い比べてもほかのRazerシリーズより、扱っている際軽く感じる。
実質の重さではもっと軽いものがあるが。
日本人タイプの手サイズの場合ダイヤモンドヘッドが一回り小さく使いやすいと思う。
日本のマウスがどうも手に合わない人は一度触ってみてもいいかも。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 9 9 4 4 7

良い点 (Good)

小さい。細い。何かゴムのところが柔らかい。
多機能でいい。
ソールが1セットついてくる。

悪い点 (Bad)

サイドボタンがなんだか微妙。
不具合改善するためのファームウェアが色々と出ていて上級者向け。

総評

色々難ありなマウスかもしれないです。
アップデートなどは色々と気をつけてくださいね。

でもCopperheadにはModKit(改造キット)が出ていたりと中々面白いマウスでもあります。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 7 7 3 3 5

良い点 (Good)

・Razer製品の中でも軽い
・クリック感が軽い
・両面にサイドボタンが2個ずつ有る
・さすがRazer!センサーが優秀
・Green,Blue,Redと種類が多彩
・ホイールが良い硬さ

悪い点 (Bad)

・持ちにくい
・マウスの高さが低い

総評

良い点を簡単に6点挙げてみました。
悪い点は2点だけですが、これがマイナス点として大きいです。
購入して、1~2日ほど使用しましたがとりあえず手に合いませんでした。
私の手は指が長いことが関係しているのか、持ちにくくて仕方がありませんでした。
つまみ持ち,かぶせ持ちと試したもののフィットせず。

使用者を選ぶマウスだと思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 6 6 10 10 9

良い点 (Good)

型落ち特価で4000円ぐらいで手に入りました。

長年使用してきたDiamondbackと同じタイプのほっそりした形で手の小さい私にはとても持ちやすいです。

ボタンの位置が低くなったのも使いやすかったです。

悪い点 (Bad)

初めての人にはソフトが使いにくく感じるかもしれません。

あと個人的な事ですが
Diamondbckと同じく半透明にして欲しかったです。

総評

最近のやたらとでかくて重いマウスが苦手な人にはおススメです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 8 8 5 9 8

良い点 (Good)

マウス本体が軽い、クリックも軽い。
形状も持ちやすく良い。
ケーブルは太すぎない。
ユーティリティの使い勝手自体は、なかなか良く分かりやすい。

悪い点 (Bad)

サイドボタンが位置が微妙でクリック感が重く若干使いにくい。
100DPI毎に設定できるものから乗り換えたので、400、800、1600、2000と区切りが大まかで設定が決まるまで時間がかかった。(決まれば不満点ではないのだけど)

総評

購入当初はドライバーやファームの不具合もあってイマイチの印象だったが、最新のドライバーとファームで別物になった。
良い点の本体重量とクリック感の軽さに慣れると他のマウスに乗り換えるときに仇になるかも。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO