• Online: 7
  • Members: 26805
  • Reviews: 1241
  • Products: 1207
wasd.jp > > > SteelSound 4H

SteelSeries ゲーミングデバイス

SteelSound 4H

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5.0 5.5 6.0 6.5 7.0 7.5
※10点満点 登録ユーザー 2 人による評価の平均点です

製品情報

SteelSound 4H

SteelSound 4Hは、SteelSound 5Hの簡易バージョンとして開発されたゲーミングヘッドセットです。簡易バージョンといっても性能を削ったわけではなく、XLサイズのイヤークッションを採用したり、SteelSound 5H v2の性能をそのまま引き継ぐなどしており、決してパワーダウンさせた製品ではありません。

特に、長時間に及ぶ試合における使用においてイヤークッションは耳を最大限に保護してくれます。また、バックグラウンドノイズを減少させるといった効果も有しています。

特徴

  • XLサイズのイヤークッションを持った軽量なゲーミングヘッドセット
  • プロフェッショナルゲーマーとの共同開発
  • ボリュームコントロール、3つのマイク設定機能
  • 無指向性のマイクシステム
  • 40mmのSteelSound SunDancer(LCP) Unitsを採用


スペック

ヘッドフォン

  • 周波数応答: 16~28.000Hz
  • インピーダンス: 40 Ohm
  • SPL@1kHz, 1Vrms: 110 dB
  • ケーブルの長さ: 1.8メートル

マイクロフォン

  • 周波数応答: 75~16.000Hz
  • ピックアップパターン: 単向性
  • 感度: -38 dB
  • インピーダンス: 2K Ohm

製品写真

SteelSound 4H - ヘッドバンド部分 SteelSound 4H - イヤーパッドクッション
ヘッドバンド部分 イヤーパッドクッション
SteelSound 4H - ボリュームコントローラー SteelSound 4H - イヤーカップ
ボリュームコントローラー イヤーカップ
SteelSound 4H - マイクロフォン SteelSound 4H - フロント部分
マイクロフォン フロント部分





製品詳細・購入

レビューを書く

『SteelSound 4H』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (2)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 5 5 5 5 7

良い点 (Good)

―未入力―

悪い点 (Bad)

―未入力―

総評

高音域の分離はまあまあいい(これ重要w)。
ただ、中域のベッタリ感には残念。
大手メーカーのドンシャリな味付けの安いヘッドホンと比べると、高域の強調が異常なまでに施されている。
ボーカルのサ行のかすれ、摩擦音などが耳を傷めかねない。

音楽には不向きというのは紛れのない事実でしょう。

Counter-strike1.6、CZでの使用では、、
当たり前ですが、指向性の高い高音を強調しているおかげで、発射音から敵の足音まで、小さな音でも確認できます。

おそらくこのヘッドセットは、高い音を強調しているというより、不必要な音を極限まで削っているといった考えで作られているのでしょう。そう考えるとかなり納得がいきます。

中域、低域の音量が得られずにボリュームを上げて、あまりにも大きくなりすぎた高域の音に閉口をするかもしれません。
前述したことを含め、高域の音量を基準にボリュームを調整することが前提で作られているようです。

低域は下まで良く伸びていますが高域のボリューム設定に合わせることによって相対的に薄っぺらい音になってしまうため、迫力にかけます。楽しむためのヘッドホンではなく、勝つためのヘッドホン、そういうふうに完全にわりきっています。

フラットな特性をもつ高価なヘッドホンの方が安心してプレーできると思うプレーヤーもいるでしょう。

ただし、スタンドマイクの使い勝手に困り、ヘッドセットを使っている、使おうと考えているプレーヤーにとっては、ゲーマーのハードな使用に耐えうるヘッドセットが多くない中、かなり魅力的な存在であることにはかわりがありません。
ただ、4Hの特性に不安を感じるなら5Hのほうが無難かと思います。

追記:エージングの進行にしたがって音のバランスが良くなります。考えようによっては音楽用途に十分に使えるかもしれません。(よく高級ヘッドホンとかで「聞こえなかった音がry1!!」という文句がありますが、このヘッドセットは特異な音域特性のためそういう効果は期待しないほうがいいと思います。もっとも、安価なヘッドホンから乗り換えるときはそういった発見はあるかもしれませんが///)

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 6 7 8 9 8

良い点 (Good)

総評にて

悪い点 (Bad)

・ちゃっちい。
・リモコン周りの耐久性が不安。
・コードに気をつけないと断線しやすい。

総評

再生音質に関してですが、完全にFPSゲーム向けの設定です。
高音と低音に重きが置かれているので足音や爆発音などが聞き取りやすいです。そのため音楽鑑賞等には全くと言っていいほど向いていません。
これで音楽を聴くと少々不快感を覚えます。


マイクですが、この価格帯のヘッドセットにしてはかなり優秀です。
耳を覆い隠すような機構のためハウリングも無く、スムーズな会話が行えます。

装着感ですが、前述の通り耳を覆い隠す密閉型のため長時間使用の側圧による耳の痛みは少ない方だと思います。全くないわけではありません。

4Hを使用して2台目になりますが、上位モデルとされる5Hを買うくらいならこちらをお勧めします。
デザインは少し残念ですが、着けたまま外出するわけではないので気にするほどではないかと。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO