• Online: 5
  • Members: 26703
  • Reviews: 1241
  • Products: 1207
wasd.jp > > > Razer DeathAdder

Razer ゲーミングデバイス

Razer DeathAdder

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9.1 8.2 8.6 8.5 6.2 8.5
※10点満点 登録ユーザー 47 人による評価の平均点です

製品情報

Razer DeathAdder

『Razer DeathAdder』は『Razer Copperhead』の機能を踏襲しつつ、Razer の新技術『Razer 3.5G Infrared Sensor』を採用した Razer 初となる右利き専用モデルです。

Razer 3.5G Infrared Sensor とは

Razer の 3.5G infrared sensor テクノロジーは、最大 3600dpi で高速な動きに完全に最適化され、ハイパフォーマンスなプレーヤーにとって非常に重要な要素となります。

Counter-Strike などでは、正確な射撃を行うためにマウスの感度を低めに設定してプレーします。しかし、これだと 180 度向きを変えるときにマウスを繰り返し大きく動かす必要があります。

『Razer 3.5G Infrared Sensor』はこの問題を解決し、マウスが持ち上げられる距離を最小にし、マウスが持ち上げられたときに表面をトラッキングするのを無効化します。
これは、プロフェッショナルゲーミングの歴史において重大な妨害であると考えられていたことで、それが解決されることはゲーマーにとって朗報といえるでしょう 。

つまり、簡単にいうと、マウスを一定の高さに持ち上げると、センサーが反応しなくなるため、持ち上げている間にマウスカーソルが勝手な動きをすることがなくなるということです。

製品特徴・スペック

スペック

  • センサー : Razer Precision3.5G infrared sensor
  • 解像度 : 3500dpi
  • 最大速度 : 60 ~ 120ips
  • 加速度 : 15g
  • ポーリングレート : 1000Hz/1ms
  • 形状 : 右利き用デザイン
  • ボタン : 5
  • サイズ : 縦 128mm ×横 70mm ×高さ 42.5mm

特徴

  • 5 個の独自にプログラム可能な Hyperesponse ボタン
  • On-The-Fly Sensitivity 調整可能 (マウス感度を、設定メニューを開いて入力せずに、その場で変更可能)
  • Always-On モード (センサーが常にフル稼働状態となる)
  • 非常に大きい滑りにくいボタン
  • 16-bit データ転送速度
  • 無音の Ultraslick テフロンフィート
  • ゴールドプレート USB コネクター
  • 7 フィートの軽量で編まれたファイバーケーブル

※以前は 1800dpi の『Razer 3G Infrared Sensor』を搭載していましたが、製品リニューアルされました

製品写真

RAZER DeathAdderRAZER DeathAdder
RAZER DeathAdderRAZER DeathAdder





製品詳細・購入

関連製品

『Razer DeathAdder』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウスパッド マウスソール

レビューを書く

『Razer DeathAdder』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (47)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 9 9 9 7 9

良い点 (Good)

―未入力―

悪い点 (Bad)

―未入力―

総評

長所 : IE3.0をさらに持ちやすくしたような形状、押しやすいサイドボタン。
短所 : 構造の作りが粗い。右クリックを押しながらホイールを回すと、ホイールが右クリックと擦れる。また選択できるDPIが450、900、1800と中途半端なため、センシの調節がしにくい。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 5 5 5 5 9

良い点 (Good)

―未入力―

悪い点 (Bad)

―未入力―

総評

このマウスは非常に持ちやすいです。こんなに持ちやすい
マウスは初めてです。自分はいろいろなマウスを使用
してきましたがこのマウスが一番手にしっくりきました。
あと、マウスのデザインがカッコいいところもポイント
でしょうか。

短所は、指に汗を掻く人は不便かもしれません。
自分は親指に汗を掻くのですがそうするとコーティングの
せいでサイドボタンのあたりに汗がべったりと付くのです。拭き取ればいい話なのですが、他のマウスにはないべっとり感があるのでそれが唯一の減点です。
それが無ければ個人的に10点をあげていいマウスなのですが、汗のポイントがあるので9点にしました。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 7 9 8 8 8

良い点 (Good)

IE3.0を一回り小さくした形で非常に持ちやすい。
サイドボタンも押しやすく、クリック感も非常に心地いい。

悪い点 (Bad)

他の方が書いているように、マウスの横部分がベトベトするのが難点ですが、
慣れれば不快感も無くなったように感じます。
DPIの設定できる値が中途半端(というか今まで自分が使ったことのないDPI)ですが、X軸Y軸の感度を変えることができるのでそれほど問題無く移行できました。

総評

IE3.0より重いので人によっては手が疲れるかもしれません

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 10 10 10 2 9

良い点 (Good)

非常に持ちやすい。
DPIの切り替えが可能。

悪い点 (Bad)

値段が高い。
初期不良があった。

総評

とても使いやすいマウス。
現在FPSと平行してやっているゲームとの
相性がなければ今も使用している。
フィット感、重さ、どれも個人的には
とても良い。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 8 8 9 6 9

良い点 (Good)

・サイドボタンは端を少し押しただけでも反応する
・青色LEDがCOOL
 (専用アプリを入れることで切ることも可能)
・Eliteのお店で買えばサポートも安心

悪い点 (Bad)

・左右がツルツルで手に汗をかきやすい人だと、長時間プレイしているとべとべとしてくる

総評

持ち方:つまみ
センシ:ゲーム内で高め 本体は400DPIで利用
マウスパッド:Steelpad 5L

IkariLaserからの乗り換えです。
RAZERに乗り換えようと思い、一通り触ってみて一番しっくりきたのがDAでした。非常に持ちやすいです。

センシが高いとはいえ、マウス側のDPIは400にしてゲーム内でのセンシで調節しているため、本当ならばゲームをしていない時はDPIを高くしたいので、マウスを使っている時に押せる位置にDPI変更ボタンがあればいいなと思いましたが、今となってはさほどきにならなくなりました。
(一応マウス裏側にはプロファイル切り替えがあるため似たようなことは可能です)

なお、Steelpad 5Lとの問題は特に起きていません。

なお9点にしたのは悪い点に書きましたが、本体左右のツルツルが気になるためです。
今はDHAMA POINTのグリップコントロールを適当な大きさに本体左右に貼っています。持った時の大きさが変わるので慣れが必要ですが、快適に利用できています。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 9 9 7 9

良い点 (Good)

サイドボタンが押しやすい
デザインがクール
細かい設定が可能

悪い点 (Bad)

汗をかくと非常に使いづらくなる
ホイールが使いづらい
クリックが硬い
高価

総評

自分は手によく汗をかくので、側面がツルツルして持ちづらく、毎回意識を散らしてしまったので、そこが非常にマイナスです。
なので毎回こまめにマウスを手入れしないといけないので面倒ですが、全体的に見て良いマウスだと思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 7 9 10 4 8

良い点 (Good)

・手にかなりフィットする形状。
・コードが細いのでAIMの妨げにならない。
・再起動なしでポーリングレートが変えられる。
・ボタンごとの割り当てが充実している。
・直線補正により平行AIMがしやすい。
※ファームウェアアップデートする事で直線補正が切れるようになりました。
・On-The-Fly Sensitivityを使えばゲームで設定出来ない単位まで感度を調節出来る。

悪い点 (Bad)

・価格が高い。(輸入料だと思われるが、海外公式サイトの価格と販売店の価格では2000円ほど違う)
・サイドがツルツルなプラスチックのため汗で滑る事がある。
・サイドボタンにゴミがたまりやすい。
・コードが細いので断線しやすい?(自分は初代が断線しました。)
・DPI,ポーリングレートなどをマウスに保存する事が出来ないためオフラインで使うときにはドライバを入れる作業が必要。

総評

自分にはこのマウスの形状がとても手にあっていて長時間ゲームプレイをしても疲れません。
そしてRazer独特の直線補正がいい感じです。
しかしIE3.0などの直線補正が無いマウスを使ってきた方はファームウェアアップデートをして直線補正を切る事をお勧めします。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 6 10 8 6 9

良い点 (Good)

・レートがドライバから簡単に変更出来る
・精一杯の力で振り回してもネガティブアクセルが出ない(Qpad lowsensi 緑、Qck heavy、ゴラコン)
・ホイール、ボタンの感触、共に良
・コードが細くて凄く取り回しやすい。多分コードホルダー無くても十分なくらい
・ime3.0見たいに振り回した時とかカタカタならない(個体差かも)
・サイドボタンが神ってる。
・安定してレート500hz台が出る

悪い点 (Bad)

・幾多のレビューの中でも言われてる様に側面が汗書くとヌルっとする。でも白いIMO程は不快感無いです。グリップとかで対処出来そうです。
・リフトオフディスタンスが長い。「ゴラコン>Qck heavy>>>>Qpad緑」の順番で長かった。Qpadの場合だと公称通り本当短かった。これは色なのか素材なのか、、、
これもソール重ね張りで対処出来そうです。
・初めのソール薄い
☆nProの無料系で、ドライバを入れたままの状態だとnProに弾かれてサイドボタン使えないので作業が必要
「例:(レート125hzに変更)
ドライバをインストール→レート125hzにチェック→ドライバアンインストール」これで使える様になりました。

総評

自分IE3.0からの乗り換えじゃないんですがIE3.0からだと違和感無いと結構言われてましたが違和感ありまくりでした。
個人的な見解ですがリコイルコントロール時とかブレにくくなりました。
あと、クリアリングとかぶん回してするんですけどしっかり照準付いてきてくれるんで楽になりました。
機会が会ったらQck+ fnaticとか色が黒じゃない布辺り買って試して見ます。
あとLEDが熱いとかホイールとメインボタンが干渉するとか書いてあったけど一度もなった事ないです。
あー、何処にでもあるレビューになってしまった。orz

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 9 9 3 8

良い点 (Good)

IE3.0の右クリ誤作動がない。
デザインが良い。
持ちやすい。
基本的な性能が高い

悪い点 (Bad)

・両サイドが汗や指の汚れで、ざらざらしたり、垢がついたりする。

・高価

・照準が飛ぶことがある。QCKheavy使用

・IE3.0から乗り換えたため、最初リフトオブディスタンスの違いがかなり使いづらかった。

総評

性能はIE3.0よりいいです。しかし値段のことも考えるとIE3.0でもいいかな?という感じです。
IE3.0から乗り換えて一番使いづらいと感じるのはリフトオブディスタンスです。あまりに使いづらかったので、標準のソールにトスベールをつけて、2重で使うとちょうどよくなりました。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
6 8 9 8 4 8

良い点 (Good)

形状が手にフィットする。非常に持ちやすい点。
センサーが絶妙なバランスで設定してあり、マウスを持ち上げたりした時にも誤作動を起こしにくい点。
光学式である点。

悪い点 (Bad)

価格設定が高めな点。
長時間ゲーム等をプレイしていると側面がベタつく点。
人にもよるが、ホイールが若干やわらかめなので誤爆しやすい点。

総評

万人向け。
使用していてベタ付く点がどうにも気になる。
それ以外はすべて良い。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 8 8 10 5 9

良い点 (Good)

伊達に1800dpi、3GINFRARED SENSORと謳っているだけあって性能は良い。安いマウスから変えると違いがわかる気がする。

握りやすい。被せて持つ人はすごく持ちやすいマウスだと思う。

余分な物が付いてなくシンプルなマウスが好きな人にお勧めしたい。
サイドボタンがしっかりしているので押し間違いが無いので快適。

クリックした時の感触がとても良い。
デザインが良くてホイールやロゴが光ってるのが気に入っている。

専用ドライバ付属で細かく設定ができる。

悪い点 (Bad)

サイドボタンの辺りが汚れやすくコマめに清掃、手入れをしなければいけない。

滑り止め加工がしてあるのだが使い込んでくると効果が薄くなってきてしまう。

少し値段が高いと思う。
被せて持たない人や手が小さめな人は使いにくいかも。

総評

気に入れば長く使いたくなる品物。
サイドボタン周りの汚れやすさなどは、毎日掃除すれば済む事なのでそこまでは気にならない。


値段がもう少し安ければもっと評価も上がりそうだが、値段に見合った価値はあるだろう。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 10 10 7 10

良い点 (Good)

持ちやすい
サイドボタンが押しやすい
ファームウェアの導入により、マウス補正ありとなしが選択できる
ドライバの機能が充実

悪い点 (Bad)

サイドボタンに汚れが溜まり易い
マウスホイールの爪が弱く、長期間使うと爪がなくなっていく

総評

適度に手入れをすればストレスなく使えます。
性能はいいのですが、問題は日本ではDeathAdder用のマウスソールがあまり市場に出ていないことがネックです。
IE3.0用のソールを重ね張りして使っても良いと思います。
値段は少々高いですが、非常に使いやすいので一度お店で試してみてください。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 9 9 7 6 9

良い点 (Good)

持ちやすい
サイドボタンがいい(使わないが)
見た目好き

悪い点 (Bad)

Driverがあまり好きじゃない。
よこがヌメる

総評

センシ高めですが使いやすいほうだと思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 10 10 5 9

良い点 (Good)

・コードが紐に。(絡まりにくい
・持ちやすい形状
・以外と軽い
・サイドボタンが絶妙な位置に
・ロゴの点灯がかっこよすぎる
・ホイールもカコイイ

悪い点 (Bad)

・側面がツルツル
・1000hzに設定しても600hzくらいしか出ない

総評

性能の上昇で求めやすくなったと思います。
リフトオフは長い方が好みなので、丁度よく、
500hz、1800dpiで使用してますが今のところ問題無いです。
Razerマウスを使ってる方なら比較的移行しやすいかも?

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 9 10 5 9

良い点 (Good)

・手にフィットする
・デザインが良い

悪い点 (Bad)

・値段が高い
・表面がすべりやすい(汗をかいた時は特に)

総評

個人的に手が小さいので、IE3.0はちょっと大きく感じていたが、IE3.0より一回り小さいDAは、手にかなりフィットして、操作がしやすい。
表面がすべりやすいというデメリットはSteelSeries Gripなどで解決できるので特に問題にならない。

あとは値段だけ・・・

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 9 10 8 9

良い点 (Good)

左右クリックともに指がすっぽり入りクリックしやすい形状
ほどよいクリック感
位置のいいサイドボタン
押しやすいホイール
分かりやすいドライバ

悪い点 (Bad)

全く変化のない左右のグロス加工(汗かいたら滑るし、乾いたときにもベタベタする)
相変わらずソールが薄い
やはり相変わらずリフトオブディスタンスが長い

総評

DeathAdder 3500のレビューです
旧DeathAdderは友達の家で軽く使わせてもらった程度なのでファーストインプレッションではありますが…
比べて、上記に書いたとおりです
おそらくセンサー以外には変化ないでしょう…(もしかしたら内部構造には変化あるかも)
ただ、相変わらず扱いやすいマウスだと思います
価格もそこそこ手頃になりましたし、買ってみてもいいのでは?ウチ個人としてはよかったと思います
ちなみに、パッドとの相性については、DHARMAのCLOTHTYPEでは問題ありませんでした

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 6 9 10 5 10

良い点 (Good)

・カッコイイ
・このマウスを使用してから成績がUPした。
・使いやすい

悪い点 (Bad)

ドライバをいれるとnProtectを使用しているゲームではサイドボタンが使えない。

以前までマウスでやってたのをキーボードでやってるので今は気にしてない。

総評

サイドボタンが使えなくても
良いと思える使いやすいマウスです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 10 10 8 10

良い点 (Good)

・IE3.0より、クリックするトコがしなっててさらに持ちやすい
・デザインがいい
・ドライバが有能
・耐久性に優れている
・重心が前にある

悪い点 (Bad)

・サイドボタンのプラスチック素材が汗で滑る。気にならない程度だが
・ドライバを入れて使用する場合、オフラインやネカフェでもドライバを入れる作業が必要
・マウスパッドにより、ポインタが飛ぶ

総評

非常に使い勝手のいいマウスです。
僕はドライバを使用していませんが、持ちやすさ、クリック感、ホイール。どれをとっても天下一品です。
全てのFPSプレイヤーにおすすめします。
サイドボタンのトコのプラスチック素材が汗等で滑りやすいが、拭けば問題ないので、そこまでマイナス要素ではないですね。
ARTISAN KAI.g2シリーズのマウスパッドを使うと、おそらくゲーム側の問題と思いますが、素早くマウスを振った際、ポインタが飛ぶ現象が見られました。

現在使っているGoliathus Speedではそのような現象も無く、僕の良き相棒となってくれているので、10点です。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 9 10 7 10

良い点 (Good)

・DPIの切り替えが出来る
・青色LEDがカッコイイ
・サイドボタンの位置がIE3.0に比べて使いやすい位置にある
・サイドボタンの感触が良い

悪い点 (Bad)

・値段
・長時間使った時のベタベタ

総評

マウスの形の好みは人それぞれだと思いますが、
自分的には、IEに比べて右クリック側が少し高めになっていることや、サイドボタンの配置が最高に自分の好みにあっていたので、これ以上のマウスは無いと思います。

ただ、自分のDAだけがそうなのかすべてのDAに言えることなのかわかりませんが、SteelSeries QcK+ Limited Edition (SK Gaming)で高DPIで使ったときにマウスポインタが飛びます。そこは残念です。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 9 9 10 5 9

良い点 (Good)

なんといってもエルゴノミクスデザインによって最高の持ちやすさが得られる。レーザー式のセンサーも基本的にはほとんどの布、プラスチック製パッドと相性があう。

悪い点 (Bad)

ほぼ無いといっても過言ではない。しかし少々値段が高いので気軽に買えるものではない。しかし値段相応のパフォーマンスと愛着が有る。値段以上の価値があるので高いけど買うべき。

総評

今まで使ったマウスの中では最も優れているマウスです。持ちやすさ、操作性、センサーの制度どれを取っても他の製品より優れています。私の手ではIE3はすこし大きいので丁度ヒットしました。なんともいえない重みが私的にはたまりません。DPIの変更も非常に簡単で細かく設定できるので満足しています。青色に光るLEDが最高に格好いいです。
サイドボタンの押しやすさが特に気に入っています。左側面の曲線美が素晴らしいです。
コードが細く、aimingの妨げにならず非常に快適です。
直線補正が切り替えられるので、気になる人は切ることができるのでキンズのように困らない。

値段だけあって最高のパフォーマンスをしてくれる一台です。みなさんも是非この感動を体験してみては?

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 10 10 7 8

良い点 (Good)

・非常に持ちやすい形状
・サイドボタンがなかなか押しやすい位置にある
・コードが細い
・マウスレートの変更がOSの再起動なしで行える
・直線補正のON/OFFが可能

悪い点 (Bad)

・若干値段が高い
・サイドのグロス加工は人によっては馴染めないかもしれない
・リフトオブディスタンスが長い
・使用するマウスパッドによってはカーソル飛びが発生する

総評

全体的に見てかなり高品質なマウスだと思います。
IE3.0に似た形状、作りの良いサイドボタン、ドライバの出来の良さ。
どれをとっても優秀です。
ただ、クリック感が若干強く感じた気がします。
僕にとって嬉しかったのが、斜め持ちが比較的しやすいということです。
IE3.0より若干しやすかった気がします。
値段とグロス加工さえ気にしなければプレイヤーに最高のパフォーマンスをもたらすでしょう。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 7 8 7 7 7

良い点 (Good)

・万人受けする伝統的な形状
・上質なメインボタンのクリック感
 Razerの上位マウス特有の筐体構造から由来する
 ストローク若干深め&しっとりした感触
・誤爆し難いがアクセスし易い絶妙のサイドボタン
・それなりの頻度で更新されるファームウェアサポート
・直線補正無し
・光学式の最上位センサー(Avago S3888)
 による高い追従性能

悪い点 (Bad)

・リフトオフディスタンスが
 非レーザー式としては非常に高い
・ホイールクリックが若干硬め

総評

欠点が少なく誰にでも勧められそうなマウスですが
ゲーマー用として見た場合は
リフトオフディスタンスの高さが悔やまれます。
低めのセンシでプレイし、頻繁にマウスを置き直して
切り返すという動作をする方は、違和感を覚えると思われます。
どういうわけか同じセンサー搭載のAbyssusよりもさらにリフトオフディスタンスが高いです。
この点さえ許せるなら文句なしに素晴らしいマウス。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 8 7 5 8

良い点 (Good)

かっこいい
3500dpiすごい
でもたぶんつかわない
もちやすい
コード細くて抵抗すくないやばい
IE3.0とはまたちがうヌルヌルaimができた

悪い点 (Bad)

サイドが手汗でべとべと
おれ5分もたない すぐぬるぬる
IE3.0からの人は500dpiが無いから微調整必要

総評

手汗でベトベトさえ無かったらかなりいいマウス!

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 10 10 10 5 10

良い点 (Good)

・無駄が無く持ちやすい

悪い点 (Bad)

・ゲーミングマウスですから普通のマウスより高いです

総評

評価通りのいいマウスです。
自分が持っているrazerのマウスの中で使いやすさ圧倒的一位ですね

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 7 10 8 7 8

良い点 (Good)

・かぶせ持ちの自分には非常に持ちやすい。
・ホイールやサイドボタンの作りがしっかりしている。
・価格改定により以前より価格が安くなっている。

悪い点 (Bad)

・メインボタンの返りがあまり強くないので、連打しにくい。
・450dpiと言う微妙な解像度なので、センシの調整が難しい。
・初期のソールの滑りが最悪。

総評

IE3.0を使い続けていましたが、価格改定を機に買い換えてみました。
個人的には違和感なく乗り換えられたと思います。
皆さんの仰るリフトオフディスタンスに関してはあまり気になりませんでした。
初期のソールはガリガリするので買い換えたほうが良いです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 6 6 3 10 8

良い点 (Good)

無駄なボタンが少なくて扱いやすい。
個人的な意見ですが、いつもっても持ちやすいし大きさもBEST!!!

表に設定を変えるボタンがないので不意にDPIなどが変わったりしない。
また少し手に汗を書いても滑りにくくていい。

悪い点 (Bad)

ドライバが使いにくいし分かりにくい。
モードを5つまで登録できるのはいいが、ソフトが立ち上がってないと今何番使っているのかが一目でわからない。

総評

いくつものゲーミングマウスを試したわけではないですが、今のところゲームをするにあたっては最高のマウスです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 7 7 7 7 7

良い点 (Good)

ドライバ含めデザインがいい。
以前使用していたMX518よりもクリック感が軽い為、撃ち出しが早くなった。

悪い点 (Bad)

手汗をかいたりするとマウスのサイドがぺたつく。(自分は結構かきやすい方なので、あまりかかない人には気にならないかもしれません)

総評

総合的にいいマウスだと思いますが、やはりサイド部分が難点。持っていてヌルヌルするのではプレイしていて不快ですしね。
手汗をあまりかかない人、またはこまめに手入れをするのが苦にならない人にはオススメ出来るマウスです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 10 10 6 10

良い点 (Good)

・非常に持ちやすく、軽い。

・ロゴがかっこいい。

・サイドボタンが押し易い。

・左クリックをすると気持ちいい音がする。

・Death adder 向けのソールがある。

悪い点 (Bad)

・値段が少し高め。

・個人差ではあるが、ホイールがずれ易い。

総評

最近ではBlack editionの方がでたらしいので、そっちに目を向けるのも良いかもしれません。
マウスを浮かせた時にマウスパッドが反応しにくくなるので、ロウセンシの人におすすめ。
握りやすいので、手汗が付きやすい。
これはどの方にも使いやすいと思われるので、友達にどや顔で勧めるのが良いと思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 8 8 8 6 8

良い点 (Good)

誤クリックがない事
細かい動作にも反応してくれていること
サイドボタンが非常に押しやすい

多少個人差があると思われますが
 私の手にはちょうど良い大きさでした

悪い点 (Bad)

汗をかくと使いにくいこと
 ホイールの操作がしにくいこと

総評

私的にはとても良いものでした
 マウス選びに困っている方は是非一度手にとって見るというのも良いのではないかと思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 10 6 5 6

良い点 (Good)

周りのヒトが言うようにかなり持ちやすい。サイドボタンも良い硬さだった。

悪い点 (Bad)

価格が高い。その上 クリック感が柔らかい。 柔らかいのでクリック感がない、と言うのはCSにおいてのタップ撃ちができない 意味のわからないバーストになる。 もう少し カチカチとクリック感のあ

総評

クリック感以外は完璧なマウスでしょう。
もう少し カチカチとクリック感があれば個人的には神マウスになっていましたが・・・・

クリック感だけで 私はもう ヤフーオークションに出してしまいましたw

後 他の人が言っていますが、マウスのサイドはかなり滑ります。ですがsteelやダーマのグリップを付ければなにも問題ありません。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 5 6 5 3 5

良い点 (Good)

ゲーミングマウスを初めて手にとってみたが、触れると同時に今まで使っていたパソコンに付属していたマウスとの違いを一瞬に感じ取ることができた。
とても握りやすくて心地が良い。
普段のネットサーフィンにおいても、サイドボタンの活用が快適で、使用目的がゲームに限らずとも選択肢に入るのではないかと思う。
デザインについては、若い人が好みそうな印象を受ける。

悪い点 (Bad)

デザインの一環でマウスが光るのであるが、これはプレイ時に手に熱を与え、発汗を促進しているのではないかと考えている。
Lightはドライバ(Razer公式からダウンロードできる)から設定でoffにできるので、私と同様に気に食わないと感じる人は設定に触れると良い。
また、マウスサイドはプラスチック製であるので発汗につれて滑りやすくなるという欠点がある。
この応急処置としては、私はティッシュペーパーを一枚取り、手とマウスの間に挟み数十秒握り続けた後に取り去ると、いい具合にグリップ効果が復活する。
本質的な改善としては、マウスサイドに別途グリップを適当に貼り付ける方法が考えられる。
さらに不満を挙げると、Deathadder3500はリフトオフディスタンスが極めて長い。
リフトオフディスタンスは下敷き(マウスパッド)に依存し、布製パッドでは顕著に長くなる。
試しに木製の机の上と、布製パッドを下敷きにして比較するとすぐに『明らかな』違いが分かる。
対策としてはマウスソールを複数枚貼り付たり、マウスパッドをプラスチック製にすると良いのではないかと思う。
それと、これは私の技術不足かもしれないが、タップ撃ちをするつもりが意図せずバーストになってしまうことがたまにある。

総評

定価は高いが、実売価格は最近は安くなっているので、この値段だと妥当な印象を受ける。
BlackEditionが発売されたと聞くが、新しく買うならそちらのほうが良いのではないか。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 9 10 7 9

良い点 (Good)

DPI ポーリングレートがドライバを入れると簡単に変更出来る。
ホイールと本体のライトがカッコイイ!
IE3.0からだと特にサイドボタンが押しやすい。
長時間の使用をしても疲れない。
個人にもよりますがクリック感がいい。

悪い点 (Bad)

値下がりしましたが、まだ5kと気軽に手を出しにくい。
使用してると両脇が少し気になる。
自分は気になりませんでしたけど、ホイールは不人気。
リフトオフディスタンスが問題でした。

総評

今までの使用マウスがMX518 IE3.0と安価で、衝動買いでDeathadderを買ってみたのですが、大満足の結果となりました。
CSの話になるのですが、AWPやAK初弾等一発が大事な場面でのAIMが格段に良くなった気がします。
ARer AWPerどちらにもお勧めできるマウスなんですが、やはりリフトオフディスタンスの問題と価格、それとサイドの手汗による不快感が大きいと思います。
リフトオフディスタンスはソールの重ね張り、価格に関しては気合で乗り切り、サイドの不快感は鉄壁などを使えば問題なしです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 7 7 7 3 4

良い点 (Good)

IE3.0と比べて…

サイドボタンがしっかりしている
ホイールがしっかりしている

悪い点 (Bad)

IE3.0と比べて…

値段が2000円ほど高い
わずかに小さい(気にならないレベル)
少し浮いててもマウスが反応する
面積の大半が滑りにくい素材なのに側面だけなぜかツルツルのプラスチックで違和感がある

総評

愛用していたIE3.0がラリったのでこちらを試しましたが…どっちもどっちです。値段の差でIE3.0に軍配でしょうか

また、ロゴの部分はPCの電源を入れ続けている間ボヤンボヤンと点灯し続けます。普段は手の平が当たってるので意味は無いのですが私はここまで自己主張の強いマウスには出会った事がありません。

これを買った3日後に側面の素材を改良されたタイプが国内販売と発表されて私は涙目になりました。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 10 10 7 9

良い点 (Good)

非常に手に馴染む
サイドボタンが押しやすい
反応や追従性が非常に良い

悪い点 (Bad)

クリックに若干遊びがあり、連射しにくい
汗をかくと滑り易い

総評

IE3.0のネガティブアクセルが気になって評判が高く形状が近い製品として乗り換えました。

IEと比較すると、反応の速さや追従性の高さが実感できました。ネガティブアクセルも発生せず、なんていうか視点がヌルヌル動く感じです(?)。とりあえずエイムが良くなったの自分でもすぐに分かりました。持った感じはIE3.0とかなり似てますが、一回り小さく、やや重いです。

気になる点としては、IEと比較した時にクリックをある程度押し込まないと反応しないので、セミオート銃の連射が慣れるまで大変でした。今ではそれほど問題ないです。

もう一つ、汗をかいたときのサイドのプラスチックの部分が滑るのが気になります。自分はラウンドの合間などにちょくちょく手汗を拭いているので問題ないです。むしろ、プラスチックのピタっと肌に吸い付く感じが個人的に気に入っています。

それほど多くのマウスを触れた事がないので説得力はありませんが、非常に良い買い物をしたと思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 7 7 8 9 9

良い点 (Good)

手が大きい人にはかなり持ちやすいと思う

こんなに持ちやすいマウスは初めて

ホイールもしっかりしててとても良いと思う

悪い点 (Bad)

手が小さい人には持ちにくいかな・・・?

総評

手が大きい人には超お勧め!!

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 9 9 9 4 8

良い点 (Good)

●持ちやすい(握りやすい)

悪い点 (Bad)

●汗をかいた際に表面が滑りやすく感じる
●左クリックを高速でタップした時の感触が好みじゃない

総評

IE3.0→IMO→DeathAdderときました。
使い始めて一週間程度。

持ちやすさ(握りやすさ)はIE3.0と同等かそれ以上、それでいてIE3.0やIMOで悩まされたホイール誤爆もなく非常に満足度が高いです。

個人的な難点としては、汗をかいた際に表面が滑りやすく感じることと、左クリックを高速でタップした時の感触がIE3.0やIMOに劣ること。
今のところそれ以外に不満はありません。

価格がやや高いのがネックですが、それでも壊れたとしたらまた買い直したいと思える製品です。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 9 10 9 5 10

良い点 (Good)

クリックしやすい

悪い点 (Bad)

好みを言えば切りがないのですがあえて言うならホイールが軽い

総評

皆さんのレビュー見て購入。 

とても使いやすいです。ホイールが軽くて行き過ぎたり、中途半端な所で止まっていて、FPSで勝手に武器チェンジ連打したときは焦りましたが。
サイドボタンの押しやすさに感動しました。操作性も良くリフトも気にならないので特に問題にはなりませんでした。 

皆さんが言うように、ツルツルの両サイドがやたら汚れて見えるのがちょっと。「こんなに汚いの?手」と思うくらいに汚れます。おかげで手を洗う頻度がやたらと増えて(ポンプ式石鹸が2週間で無くなりました・・・)手も清潔になりました。それでも汚れるのはもうどうしたらいいの・・・

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 9 8 8 9

良い点 (Good)

このマウスはすごく持ちやすかったです。
そして凄く耐久性のあるマウスだと感じました。
DPIの切り替えが出来ます。
マウスコードがとても長くて便利。
デザインですが青色LEDがホイール、マウスの中心部分に搭載されてるのでカッコいいと思います。

悪い点 (Bad)

マウスの横部分などが汗でベトベトし、定期的に掃除が必要です。
価格ですが性能と比例してそれ相当の値段だと思います。
そして個人差ですが、マウスを重く感じます。

総評

かなりの良いマウスだと思います。
是非買ってみてはいかがでしょうか?

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 10 8 5 9

良い点 (Good)

デザインがとてもカッコいいと思いました。
一目ぼれでした、

あと、光っているロゴがあったかくてとてもうれしかった。

悪い点 (Bad)

サイドボタンのところがつるつるしてて夏は汗核とすべります。
値段がちょっと高かったです。、。

総評

とてもいいマウスです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 8 6 6 6 8

良い点 (Good)

デザイン
クリック感
手のフィット感
hyperglideが装着可能

悪い点 (Bad)

マウスパッドによってネガティブアクセル発動
ホイールぐるんぐるん
ラバー部分以外の手汗べたべた
リフトオブディスタンス長い

総評

買って損は無いとおもいます。
QCKヘビーだとネガティブアクセルでました。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 9 9 6 9

良い点 (Good)

・持ちやすい
・サイドボタン押しやすい
・かっこいいデザイン(ロゴやLEDなど)
・良くも悪くもよく滑る(SteelSeriesのQck使用)

悪い点 (Bad)

・サイドが汚れやすく、汗をかくと滑る
・ホイールが微妙
・悪い点ではないかもしれませんが、意外と重い

総評

価格相応の代物だと思います。でもDPIをもう少し自由に設定できたら良かった。
ホイールが硬いというか、連打しにくいので武器切り替えなどをホイールに設定している人は注意。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 9 10 10 10

良い点 (Good)

--

悪い点 (Bad)

--

総評

最初はリフトオブディスタンスの高さが凄くて非常に使いづらかったのですが
一週間か2週間触っているうちにだんだんと慣れて行きとても使いやすいと思えるようになりました!
最高にフィットしますね・w・
ただしDAから他のマウスに変えてみようと思って違うマウスを触ってみたがリフトオブディスタンスが違いすぎて、DAに慣れてしまったら乗り換えが非常に難しいと感じました、一生これを使い続けると思います

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 7 7 9 7 8

良い点 (Good)

◆Razerならではのシンプルかつ洗練されたデザイン

◆大きなサイドボタンで押しやすい位置と形状になっている

◆性能も昔から有名だけにそれ相応の性能がある

◆形状は有名マウスIE3.0に酷似した人体工学に基づいた形状デザインであり持ちやすさはオリガミ付である

◆価格は高すぎず安すぎずといったところか

悪い点 (Bad)

◆人によるがリフトオフディスタンスが少し高めのため低めを好むプレイヤーには向かないかもしれない

◆RazerSynapceが重い(Synapceを起動後にタスクから落としても感度は変わらないので改善はできる)

◆個人的にもう少し安ければ(3500~4000円くらい)にしてもらえれば・・・

◆初期ソールが異常に薄いため別途購入が必要となる

◆3500の場合サイドボタン等汗で不快なぬめりが出るためそのようなぬっめりを味わいたくないユーザーはBlackEditionをお勧めする(外観の加工が違うだけで性能は同一)
しかし私の場合はBEのサイドパーツと3500を合致させたオリジナルverを作成させたので青LEDがいいという方でお金がある方はそれを試してみてもいいかもしれない

◆クリック感は深い部類にあたるのでここでも好みが出るかもしれない

◆ただ治せない欠点はホイールの誤爆。これは個体差があるかもしれない

総評

それぞれ悪い点に関しては好みやそれなりの対処で対策できるものばかりなので実際には欠点ありきでも欠点の少ないマウスなのかもしれない、ただ欠点を直さなければいけないところが欠点だと感じた。

いいところはとてもいいのでとても気に入っている。デザインと性能が合わさって見た目重視かつ性能を気にする自分にはピッタリだと思える

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 7 7 9 7 8

良い点 (Good)

◆Razerならではのシンプルかつ洗練されたデザイン

◆大きなサイドボタンで押しやすい位置と形状になっている

◆性能も昔から有名だけにそれ相応の性能がある

◆形状は有名マウスIE3.0に酷似した人体工学に基づいた形状デザインであり持ちやすさはオリガミ付である

◆価格は高すぎず安すぎずといったところか

悪い点 (Bad)

◆人によるがリフトオフディスタンスが少し高めのため低めを好むプレイヤーには向かないかもしれない

◆RazerSynapceが重い(Synapceを起動後にタスクから落としても感度は変わらないので改善はできる)

◆個人的にもう少し安ければ(3500~4000円くらい)にしてもらえれば・・・

◆初期ソールが異常に薄いため別途購入が必要となる

◆3500の場合サイドボタン等汗で不快なぬめりが出るためそのようなぬっめりを味わいたくないユーザーはBlackEditionをお勧めする(外観の加工が違うだけで性能は同一)
しかし私の場合はBEのサイドパーツと3500を合致させたオリジナルverを作成させたので青LEDがいいという方でお金がある方はそれを試してみてもいいかもしれない

◆クリック感は深い部類にあたるのでここでも好みが出るかもしれない

◆ただ治せない欠点はホイールの誤爆。これは個体差があるかもしれない

総評

それぞれ悪い点に関しては好みやそれなりの対処で対策できるものばかりなので実際には欠点ありきでも欠点の少ないマウスなのかもしれない、ただ欠点を直さなければいけないところが欠点だと感じた。

いいところはとてもいいのでとても気に入っている。デザインと性能が合わさって見た目重視かつ性能を気にする自分にはピッタリだと思える

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 7 7 9 7 8

良い点 (Good)

◆Razerならではのシンプルかつ洗練されたデザイン

◆大きなサイドボタンで押しやすい位置と形状になっている

◆性能も昔から有名だけにそれ相応の性能がある

◆形状は有名マウスIE3.0に酷似した人体工学に基づいた形状デザインであり持ちやすさはオリガミ付である

◆価格は高すぎず安すぎずといったところか

悪い点 (Bad)

◆人によるがリフトオフディスタンスが少し高めのため低めを好むプレイヤーには向かないかもしれない

◆RazerSynapceが重い(Synapceを起動後にタスクから落としても感度は変わらないので改善はできる)

◆個人的にもう少し安ければ(3500~4000円くらい)にしてもらえれば・・・

◆初期ソールが異常に薄いため別途購入が必要となる

◆3500の場合サイドボタン等汗で不快なぬめりが出るためそのようなぬっめりを味わいたくないユーザーはBlackEditionをお勧めする(外観の加工が違うだけで性能は同一)
しかし私の場合はBEのサイドパーツと3500を合致させたオリジナルverを作成させたので青LEDがいいという方でお金がある方はそれを試してみてもいいかもしれない

◆クリック感は深い部類にあたるのでここでも好みが出るかもしれない

◆ただ治せない欠点はホイールの誤爆。これは個体差があるかもしれない

総評

それぞれ悪い点に関しては好みやそれなりの対処で対策できるものばかりなので実際には欠点ありきでも欠点の少ないマウスなのかもしれない、ただ欠点を直さなければいけないところが欠点だと感じた。

いいところはとてもいいのでとても気に入っている。デザインと性能が合わさって見た目重視かつ性能を気にする自分にはピッタリだと思える

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 10 9 8 9 9

良い点 (Good)

The Gaming Mouse.
A legendary history.
Easy to set.
Global standard.

悪い点 (Bad)

Surface material wears quickly.
Sticker on button around laser wears quickly and is sticky.
Side surfaces too slick.

総評

Basically this is the gaming mouse of the world. It is cheap, has great performance and was an industry standard for a long time. Every pro gamer has used this mouse at one point in their career and it is essential for a new comer to experience this gear.

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 10 9 8 9 9

良い点 (Good)

The Gaming Mouse.
A legendary history.
Easy to set.
Global standard.

悪い点 (Bad)

Surface material wears quickly.
Sticker on button around laser wears quickly and is sticky.
Side surfaces too slick.

総評

Basically this is the gaming mouse of the world. It is cheap, has great performance and was an industry standard for a long time. Every pro gamer has used this mouse at one point in their career and it is essential for a new comer to experience this gear.

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO