• Online: 5
  • Members: 26977
  • Reviews: 1241
  • Products: 1207
wasd.jp > > > SteelSeries Ikari Optical

SteelSeries ゲーミングデバイス

SteelSeries Ikari Optical

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9.8 8.0 9.4 9.0 5.8 8.6
※10点満点 登録ユーザー 5 人による評価の平均点です

製品情報

SteelSeries Ikari Optical

SteelSeries の マウス 『SteelSeries Ikari Optical』についての情報は現在準備中です





製品詳細・購入

関連製品

『SteelSeries Ikari Optical』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウスパッド マウスソール

レビューを書く

『SteelSeries Ikari Optical』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (5)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 10 10 5 8

良い点 (Good)

個人差はあるかもしれないが、手になじんでくれてとてもいい。

悪い点 (Bad)

コストが高い。持ち上げが大変(慣れれば余裕)

総評

個人的には好きなマウス。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 8 10 9 7 9

良い点 (Good)

・スクロールホイールの出来が良い。クリック、スクロールともにグッド
・エルゴノミクスデザインでよくフィットする形状
・ドライバレスで環境構築が容易
・AIMしやすい

悪い点 (Bad)

・形状的にもう少し高さがあってもよかった
・公式スペックはレポートレート1000Hzだが、ウチの環境では500Hz動作
・環境によってはUSBを抜き差ししないと認識しない問題があるらしい(ウチでは未発症)

総評

マウスパッドはSteelseries QcK miniを使用。
400DPI使用のローセンシ使いです。
総じて使いやすいマウスです。
今までいくつかマウスを使ってきましたが、その中で今のところNo1ですね。
持ち上げにくいといろんなところで言われてますが、私も使い始めは持ち上げにくい印象でしたが、使い込むほどにこれは解消しました。
コツは、親指はサイドボタン下半分くらいにかかる感じで、薬指と小指はマウス右サイドのくぼみに乗せ軽く(ホントに軽く)力が入ってる状態で持つ感じですかね。
悪い点で挙げた500Hz動作ですが、個人的には500Hzで問題ないですね。
以前、別のマウスで1000Hz動作で使ったことがあったんですが、個人的には500Hzのほうが合ってるかな、と。
4Gamerのレビューにサドンアタックにてサイドボタンが動作しない旨の記述がありましたが、こちらも問題なく動作できてました。
サドンアタックのサイドボタンバインドは若干バグじみた仕様になっており、ある手順を踏まないとちゃんと割り当てられないんですよね。
これは別のマウスでも起こり得る事なのでIkariに限ったことではないです。
あと、環境によってはチラホラ不具合(USB抜き差し問題等)も散見されるようなので、こういう問題が発症しなければ非常に評価の高いマウスと言えると思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 7 10 10 2 9

良い点 (Good)

・クリックが軽い *重要*
・ホイールの作りが良い
・軽い
・ネガティブ(ryが発生しない
・DPI?CPI?がすぐに切り替えられる

悪い点 (Bad)

・すぐ壊れる *重要*
・マウスなのに値段が高い
・奥のサイドボタンが押しにくい
・PC起動時に認識されないことがある
・SAとかCFとかやると上下にぐわんぐわんする
・多分に殆どの人は使いにくい

総評

コードがすぐに断線する高級マウス。
3つ程持っていますが、全て断線済みです。
残念ながら、購入時のまま使用するには糞マウス。
使用するには、断線を打開する必要があります。

自分の場合、変わりにMX518のコードを使用することで打開しました。
配線の付け替えや保障がきかなくなることを考えると、結構めんどいです。

それと、所有している3つともがクリック、ホイールの感触が異なるので、はずれを引かないことが重要かもしれません。
個人的には神マウス。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 9 7 7 8

良い点 (Good)

しっかり手にフィットする
サイドボタン、ホイール、クリック感も今まで自分が使った中で最高
ワンボタンで2段階にcpiを変更できる
軽くて使いやすい

悪い点 (Bad)

特に右側が形状のせいで指の動きが不自由になる
持ち上げにくい
ごく稀に読み取りがおかしくなる

総評

(7/27訂正)
今まで使ってきたマウスの中で一番手に馴染んだマウスです。
全ての指の置き所がしっかりあり、
重くもなく、コーティングもしっかりされているのでほぼ完璧なマウスですが、
多少持ち上げづらく、コードも多少かさばるのが難点です。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 8 9 8 9

良い点 (Good)

・ドライバレス
・被せ持ちに特化したデザインだが、掴み持ちも問題ない
・薬指や小指を置く部分がある
・左クリックと右クリックは少々柔らかく、押しやすい
・サイドボタンの位置と硬さが絶妙
・ホイールの出来が良い
・軽い
・直線補正がある
・デフォソールでも十分な滑り
・公式には1000Hzのみの動作だが、USB Mouse Rate Adjuster Setupというツールでポーリングレートを変更できる

悪い点 (Bad)

・リフトオフディスタンスが長い
・cpiを細かく設定できない
・外部ツールを使わなければポーリングレートを変更できない
・つまみ持ちにはあまり向かないデザイン
・直線補正が強すぎる
・左クリックと右クリックは少々柔らかく、人によっては誤爆しやすい
・若干持ち上げにくい(適度に手汗をかけば、マウスに吸い付いて持ち上げが楽になる)

総評

私はSuddenAttackをメインにプレイしていますが、ご存知の通りSAは125Hz以上のポーリングレートでプレイすると波打ちが酷くなりまともにAIMできません(125Hzでも波打ちはしていますが、最小限の波打ち)。
しかし1000HzのIkari Opticalでプレイしてみると、125Hzのマウスよりも波打ちが気になりません。波打ちは全く無いです(あくまで私の環境・感覚ですが)。おそらく、直線補正が強すぎるためだと思います。
これはIkariでもSAプレイできるんじゃないかと思いましたが、今度は加速が気になりました。SAは直線補正が強いマウスでプレイすると、斜めの加速が酷くなる仕様のようです。
その後色々試してみたところ、外部ツールでポーリングレートを変更できることが分かりましたが、125HzにしてもSAの斜めの加速は変わりませんでした。
長いリフトオフディスタンスと斜めの加速が気にならなければSAでも使えると思います。直線補正で波打ちが気にならなくなるので、AIMの平行移動はかなり楽になると思います。
私は斜めの加速には慣れそうもないので、SAをプレイするときはIE3.0に戻しました。結局はCS専用マウスだというのが個人的な結論です。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO