• Online: 1
  • Members: 27415
  • Reviews: 1242
  • Products: 1236
wasd.jp > > > ROCCAT Kave

ROCCAT ゲーミングデバイス

ROCCAT Kave

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8.0 8.6 8.4 5.8 6.8 8.0
※10点満点 登録ユーザー 5 人による評価の平均点です

製品情報

ROCCAT Kave

『ROCCAT Kave』はリアル 5.1ch サラウンドサウンドに対応したゲーミングヘッドセットです。

製品特徴

  • リアル 5.1ch サラウンドサウンド対応
  • マイクブームは 360 度回転可能
  • 全てのボリュームをリモコンからコントロール可能
  • 『movie』『game』用のプロファイル切り替え
  • ヘビーな使用を可能とするソリッドアルミニウムヒンジ採用
  • 外部の雑音を遮断する非常に快適な手縫いのイヤーキャップ
  • リアルなゲーム体験のための調整可能なバイブレーションユニット搭載
  • ヘッドバンドには同量配分となるよう 3 つのパッドを採用
  • コンパクトで折りたたみ可能な持ち運びに便利なデザイン

センター・フロント・リア ドライバユニット

  • 周波数特性: 20~20,000Hz
  • 感度: 114 ± 3dBat 1KHz
  • 最大入力: 100mW (30mW)
  • ドライブ直径(フロント): 40mm
  • ドライブ直径(リア): 40mm

バイブレーションユニット

  • 周波数特性: 20~100Hz
  • 最大入力: 1000mW
  • ドライブ直径: 30mm

マイク

  • 周波数特性: 20~18,000Hz
  • 感度 at 1KHz: -36dB
  • インピーダンス: 2.2KOhm +15%
  • 指向性: 全方位(omni-directional)
  • 直径: 4x1.5mm

システム(5.1 Headset)

  • 接続: 3.5mm jack plug(× 4)
  • 入力インピーダンス: 10KOhm
  • ケーブル長: 計 3.4m
    • イヤーカップ←→リモコン間: 140cm
    • リモコン←→スプリッター間: 180cm
    • スプリッター←→ PC 間: 20cm

ROCCAT Kave ROCCAT Kave ROCCAT Kave
ROCCAT Kave ROCCAT Kave ROCCAT Kave
ROCCAT Kave ROCCAT Kave ROCCAT Kave





製品詳細・購入

レビューを書く

『ROCCAT Kave』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (5)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 6 5 5 4 7

良い点 (Good)

・見た目のゴツさ
・手元で音量調整 マイクオフができる
・シリアルカード?付でお得感がある
・音については 中~低にピークがある感じ キンキンした音ではない
・出力は低いもののマイクの音はクリア

悪い点 (Bad)

・重い
・マイクの出力が低く、音量を上げなければならない
・スイッチ類の電源供給用にUSBを接続しなければならない
・マイク本体が柔らかめな為 狙った位置を決めるのが難しい

総評

※使用時間およそ2時間でのレビューです

他のゲーミングヘッドセットを使用したことがないので
当てにならないレビューになったかと思いますが
なにかの足しになれば幸いです
価格に対しての満足感はあまりないのが正直なところです

※3月7日追記
ノイズはサウンドブラスターのソフトの設定
SVMが悪さしていたようです
OFFにするとノイズはまったく消えました

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 9 9 6 9 7

良い点 (Good)

ごついカッコイイデザイン
5.1chサラウンド
コストパフォーマンスの割に良い音、耐久性
手元のボリュームコントローラーで音量、音のバランス、ミュートの切り替えなどが出来ること

悪い点 (Bad)

ミニピン4本(マイク F-LR C/Sub R-LR)と電源用USBという不便な接続
環境によってはノイズがのりやすいこと
サブウーファーは無いような物
重い、とにかく重い

総評

1万円以下の価格帯においては条件付きではあるが優秀な部類と思われる。
サウンドカードを導入しており、バーチャルではないサラウンド環境が欲しいのであればおすすめ。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 9 9 8 6 9

良い点 (Good)

・5.1chリアルサラウンド
・GAMEモードとMOVIEモードがある
・音量を左手(または右手)でくるくる回すだけで調整できる
・マイクの音質はいいほうだと思う
・マイクが曲がるため位置を調整し易い
・マイクの付け根と先端が光って、ちょっとお洒落
・折りたたみ可能

悪い点 (Bad)

・モードを変え忘れてたりするとゲームしたとき後悔
・接続するときのピンが多い(ピン4本+USB。緑、ピンクのピンだけしか刺せないと2chになる)
・マイクが取り外し可能なので耐久に不安
・マイクのブーストを上げないと聞き取れない
・若干重い

総評

ピンを刺す場所さえあれば何も問題は無いです
マイクの感度についてですが、私はブーストを+30dBかけていますが、それで音が割れていたりはしないので大丈夫ではないかと
唯一どうしようもないのは重さですね
これは慣れるしかないと思います・・・
そんなに重いわけではないですが、それが気になるという人は買わないほうが無難です

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 10 10 3 7 8

良い点 (Good)

音質が良い。低音が強め
密閉性が高い
手元のリモコンで簡単に音量調節ができる

悪い点 (Bad)

髪の毛がヘコむ
締め付けが強くパッドのあたる部分が痛くなる
↑+高い密閉性もあってかなり耳が蒸れやすい
アーチ部分が頭の頂点より前にあるので違和感がある
僕の環境では常時わずかにピリピリとノイズ音が入る
リモコンの音量調節以外の調整(左右の音量、ゲームモード、ムービモードの切り替え)ができる必要性が感じられない

総評

スポーツカーで言うフルバケのシートみたいな感じです。
性能は良いのですが長時間使用しっぱなしには向いてません。半年ほど使用していますが未だに耳まわりが痛くなります。

また、PCの電源を切っていてもマイクとリモコンが青く光り続けます。ここまで自己主張の激しいヘッドセットには出会った事がありません。

ただ本当にゲームに集中してプレイしたい時にはお奨めです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 9 9 7 8 9

良い点 (Good)

・見た目は好みによりますが割とゴツい感じでカッコいい
・手元で音量調節、マイクミュート可能
・リアル5.1ch対応
・マイクの音はクリアでノイズが少ない
・マイクの付け根が光る。
・他の1万円付近の価格帯のヘッドセットに比べ優秀

悪い点 (Bad)

・少し重い
・人によってはイヤーパッド部分に締め付けを感じるかもしれない
・接続がミニピン4本+USBなので多少面倒

総評

私はFPSではAVAしかやらないのでそれだけでの使用感の評価で、かつサウンドカードはクリエイティブX-Fi Titaniumを使用する場合の評価ですが、重い以外の欠点は特になく、音の定位もこれまで使用していたもの(DR-GA500)よりハッキリしていると感じました。
音楽などは素人ですが問題ないレベルだと思います。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ