• Online: 5
  • Members: 26803
  • Reviews: 1241
  • Products: 1207
wasd.jp > > > ROCCAT Taito

ROCCAT ゲーミングデバイス

ROCCAT Taito

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8.7 8.7 9.0 9.7 10 9.3
※10点満点 登録ユーザー 3 人による評価の平均点です

製品情報

サイズ(mm)
スペック一覧
縦320×横400×厚さ3.45
ROCCAT Taito
タイプ
表面 熱処理されたナノパターン
裏面 ラバー
購入 アマゾン / 楽天

『ROCCAT Taito』は熱処理されたナノ・パターンの表面を持つ布系ゲーミングマウスパッドです。

通常の布パッドは 1 方向にしか快適な滑りを提供できないのに対し、熱処理されたナノ・パターンの表面を持つ『ROCCAT Taito』は、あらゆる方向に対し滑走性を向上させます。

特徴

  • 正確な X-Y 軸バランスにより、正確なマウス挙動やコントロールを実現
  • 高い耐久性
  • 解像度 8,000dpi までのマウスに対応
  • 裏面にはラバーを採用し、手で動かしてもズレない安定性を誇る

ROCCAT Taito ROCCAT Taito ROCCAT Taito
ROCCAT Taito ROCCAT Taito ROCCAT Taito





製品詳細・購入

関連製品

『ROCCAT Taito』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウス マウスソール

レビューを書く

『ROCCAT Taito』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (3)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 9 8 9 10 9

良い点 (Good)

・布の割に滑りやすい
・滑りやすいが、止めやすい(しっかり止まる感じ。Qckに近い)
・安価・大きい。
-------------------------------

悪い点 (Bad)

・若干うねりがある。
・臭いが気になる人もいるかも。
・販売店が少ない
--------------------------------

総評

自分の応援しているチームが使っていたので購入。

使用した感想は”割と滑る”。
ARTISAN疾風を使っていたのですが、その滑りと比べると劣る。
比較するのであればQck<TAITO=飛燕<疾風くらい。
若干縦・横で滑りが違う。縦方向が若干ザリザリとした感触になる。

ARTISANが値上がりしてしまったので、1580円という安さにも惹かれました。
コスパは最強ですが、日本で販売しているのがドスパラだけなのでそこがちょっとネック。

あとうねりについてですが、素手で撫でるとわかるくらいのものです。マウス越しにはわからないかと思います。

耐久性については不明ですが、オススメできるパッドです。

[2012/4/5追記]
2回ほど手洗いで洗濯しましたがほつれ等はまだありません。
洗濯すると滑りが復活したように感じました。
耐久性はかなり良いと思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 10 10 10 10

良い点 (Good)

Qckと同じ中間層を使っているようでちゃんと沈む
ごわつきはあるものの、3.45mmと若干薄いためマウスの上からではまったく分からない
安心の真っ黒デザイン
滑り止めもQckと同じものを使っているのでしっかりしている
指で慎重に感触を確かめると、上下と左右で微妙に感触は違う(左右がサラサラ、上下がザラザラ)が、かなり微妙に違うだけなのでマウスを動かしたとき分かるレベルではない

悪い点 (Bad)

サイズが小さい
ロゴのプリントは布にインクを貼り付けたかのようなもので、ここだけ滑りは絶対に違う
パッケージがとても挑戦的で、開封時指を切りそうになる

総評

知る人ぞ知るROCCAT、一部のトップクラスのプロも実際に使っている、日本での販売数が少ないなど玄人感溢れるマウスパッド。
その玄人感こそがROCCAT TAITOの魅力で、使用する一番の理由だろう。

TAITOは90%がQckと同じだと考えていいと思う。
中間層は同じ、滑り止めも同じ、違うのは表面がちょっとだけ滑るというだけ。

滑りはGoliathus Speed>TAITO>Qck LE
沈みはQck LE>TAITO>>>Goliathus Speed
といった印象を受けました。

先ほども書いたようにQckとほぼ同じマウスパッドです。
なのでTAITOの本当の魅力が分かる人だけが購入することをオススメします。

2013/10/06追記
2つ目のTAITOを買いました。
1つ目から約2年経過したことになりますので、劣化具合を報告します。
表面のすべり具合の差は10~20%程度です。
2年ものは表面は多少ザラザラし、新品のサラサラ感は失われます。
2年ものは表面の布の角の部分が2~5mmほど剥がれます。(普段使用しない部分なので使用自体にはまったく問題なし

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 8 9 10 10 9

良い点 (Good)

極端に滑るわけでもなく、止まりにくいわけでもない。いわゆる万人受けするタイプ。
コストパフォーマンスは最高だと思う
意外と裏のラバーがしっかりしてて、ズレない

悪い点 (Bad)

めっちゃすべるのがいいとか、なにか尖った特徴が欲しい方向きではないとおもった。

総評

1500円くらいで買えるからぜひ試して欲しいと思う
迷ったら買いです
自分はQckより良いと思ってます。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ