• Online: 5
  • Members: 27418
  • Reviews: 1242
  • Products: 1236
wasd.jp > > > SteelSeries Kinzu Optical

SteelSeries ゲーミングデバイス

SteelSeries Kinzu Optical

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8.2 6.1 6.5 6.7 8.4 6.9
※10点満点 登録ユーザー 17 人による評価の平均点です

製品情報

SteelSeries Kinzu Optical

SteelSeries Kinzuはコンパクト、軽量ながら、そのパフォーマンスと安定性においては他の追随を許さない機能を誇るマウスです。

このマウスは光学マウスの新しいスタンダードを確立するためにプロフェッショナルゲーマーとの共同開発により生み出されました。
ゲーミンググレードの面積相関法を用いたセンサーはより良い安定性を発揮するために最適化されており、コンパクトな形状に似合わず、毎秒9375フレームにて読み取りを行い、毎秒75インチの動作速度を実現しています。
さらに125 - 1000Hzの間で設定可能なポーリングレートを採用しており、マウスとPC間の情報伝達の誤差を1ミリ秒にまで低減する事が可能です。

(SteelSeries製品ページより)

スペック

  • 秒間フレーム数:9,375 FPS
  • 秒間インチ数: 75 IPS
  • 秒間メガピクセル: 3.75メガピクセル
  • 1インチあたりのカウント数: 400 - 3200 CPI
  • アクセラレーション: 20 G
  • ボタン数: 4 (CPI切り替えボタン込み)
  • コード長: 2,4 m (布巻きコード)
  • ポーリングレート: 最大1000 Hz
  • リフトディスタンス: ~2.0mm
  • CPI High/Lowインジケーター
  • 大きめに用意されたマウスソールが抵抗を軽減し、より良い滑りを実現
  • ドライバレス、プラグアンドプレイ対応
  • ビルトインメモリー、3つのプロファイルを格納可能
  • サイズ: 117 x 64 x 36 mm
  • 対応OS: Win XP / Vista





製品詳細・購入

関連製品

『SteelSeries Kinzu Optical』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウスパッド マウスソール

レビューを書く

『SteelSeries Kinzu Optical』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (17)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 9 7 8 7

良い点 (Good)

マウスの表面の素材がラバー素材なのか
ベタベタしなくていい

見た目がKwaiiからチュチュしたくなる!!

悪い点 (Bad)

ARTISANだとポインターが飛んでつかいものにならない。
他のマウスパッド Qckmass Steel5L RazerGoliathusでは問題なく使えました。
直線補正が入っているのかIMOやWMOにくらべ
ポインタがカクカク動くきがする
これは自分にとってやりずらかったです。

総評

マウスの横腹がくびれてるため
見た目以上に持つと小さい。
WMOより一回りか二回りぐらい小さい。
手が小さいひとにはお勧め。
逆に手が大きいひとは使いずらいと思います。
意外と癖のあるマウスだと思いました。

まだこのマウスに慣れていないせいか悪い点ばっかり目に付いてしまった。
かぶせ持ちでマウスを持つひとはもしかしたらむいてないかもしれません。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 7 8 10 10 7

良い点 (Good)

本体、ソフトウェア共に出来がいい
手の大きい人でも意外と使える!
ケーブルは細く布製
コストパフォーマンスは最高

悪い点 (Bad)

問題はないけどケーブル自身が固い気がする
ソールは変える事必須かも
コストの問題なのだろうけど、ドライバCDが欲しかった
補正ありなしの機能が欲しかった

総評

Experience I-1やSPでも使えました。
トラッキング性能はかなりいい気がします。
自分はIE3.0を使ってるので、補正ありなのは違和感がありました・・・
変更が出来ないのが唯一惜しい点です。。
しかし値段を考えれば完成度は非常に高いです。
下手な機能付いた高いマウスより
このマウスをおすすめします。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 8 7 10 10 8

良い点 (Good)

3台目のkinzuを購入したところ全く違う印象を受けたので書き直します。
・クリック音が静か
・形状が良い(手にフィットする
・ホイールの作りがしっかりしている
・誤動作が殆どない
・CPIを400~3200まで変更可能
・マウスの重量が軽い

悪い点 (Bad)

・デフォルトソールの滑りが最悪
・微妙な加速が切れない

総評

値段的にも万人向けですが、癖の強いマウスです。
機能的にも必要最低限なので誰にでも使いやすいデバイスであると思います。
SteelGlide kinzuと併用して見ましたが、XAIのデフォルトソールと殆ど変わらず、理想の滑りは得られませんでした。
PureTrakのPefectGlide kinzu 購入し、このソールと併用する事で理想の滑りを体感できました。
もちろん個人差があるとは思いますが、kinzu使用者には是非試してもらいたいソールです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 8 8 9 9 9

良い点 (Good)

メインもサイドもコーティングがしっかりされているので、汗をかいても滑らない。
軽く、持ちやすく、フィット感も抜群
ホイールは多少緩く感じるが、慣れれば問題無し。
クリック感も抜群。

悪い点 (Bad)

初期のソールは非常に性能が悪い、少しでも力や重さを加えるとたちまち滑らなくなる。
CPIの細かい調整は出来ない。
サイドボタンが無い。

総評

ソール以外は文句の言いようの無いマウスです。
ソールについては、所期ソールを剥がしてikari opticalのデカいソールを半ば強引に貼り付けて、
もの凄く快適になったので個人的にほぼ完璧なマウスになりました。
初期ソールの上から貼り付けると認識しなくなるのでご注意を。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 3 9 8 9 8

良い点 (Good)

軽い・小さい
ホイールがひとめもりずつしっかり止まる
ホイールクリックが普通の左クリックの感触に近い

悪い点 (Bad)

ソールがかなり滑りにくい(ARTISAN KAI.g2 U-Lでは気になりませんでしたが他の布パッドだとパッドに吸われるような感覚で滑りにくい)
サイドボタンが無い

総評

ドライバの設定は変更せずに使用しました
特に問題は無く気に入っています
ただサイドボタンが無いのでWEBページの閲覧が若干不便に感じたぐらいです
ソールの発売も決まったのでそれに合わせて買うのもいいかもしれませんね

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 8 8 5 10 8

良い点 (Good)

安い!札幌のドスパラでバルク版が2780円。
非常に小ぶりでつまみ持ちに最適。
IMOよりもSalmosaよりも体感できるくらいに軽い。

悪い点 (Bad)

デフォルトのソールの滑りが悪い。
布系マウスパッドだと気になるくらいに悪い。
あまり力を加えない(上から押し付けない)ように
注意しながら使うと普通に滑るのだがついつい力むと
滑り出しで抵抗を感じる。
表面の仕上げがさらさらしているので、若干
持ち上げにくいかも。

総評

SteelSeriesのプラ系マウスパッドである4HDと
組み合わせると上記の滑りにくさは感じず、非常に
快適だった。
プラ系マウスパッドを使っていて、サイドボタン不要で、
つまみ持ち派であれば強くお勧めできる。
布系マウスパッド派であればソール貼り替えるしか
ないかな。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 6 8 9 10 9

良い点 (Good)

クリックが硬い 安い 軽い 扱いやすい

悪い点 (Bad)

サイドボタンがない ほかは見当たらない

総評

すっげぇ扱い易いマウス オススメできるマウス

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 6 4 2 3 3

良い点 (Good)

・軽い
・コーティングがいい

悪い点 (Bad)

・1600cpi低速時におけるピクセルスキップ
・ソール形状が意味不
・仕様が糞


・クリック場所によってはクリックが重過ぎる
具体的に言うと、ホイール中央より先端側が普通に押せる範囲

・振るとホイールが内部パーツに当たってカタカタ鳴る
個体差かも

総評

ちょっと軽くて比較的小さい結構お高い3ボタンマウス

レートの変更が容易かつマウス内部に保持できるので、仕様さえ把握していれば必要十分な性能ではある。

何故定番のavago社センサー使わなかったのかが疑問の一品

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 1 1 1 5 1

良い点 (Good)

.

悪い点 (Bad)

.

総評

フォルムは完璧といっていいのではないでしょうか。左右対称でありながら被せ持ち、摘み持ち共にフィットし更に持ち上げやすかったりと理想の形です。
では、なぜこのように評判が悪いのでしょうか。
皆さんもうお分かりだと思いますが、問題はセンサー周りにあります。
直線補正があり加速もつきネガティブアクセルもある。完全にじゃじゃ馬の範囲を超えてますね。加速だけならどうにかなったかもしれませんが、補正もきついですしおまけにネガティブアクセルまで。それにどうやらavago?のセンサー自体に加速の傾向があるらしく、firmwareでの解決は不可能かと思われます。他のセンサーを積んでいれば多少値は上がっても鉄板だったろうに。。。
フォルムは最高なので非常にに勿体無いマウスだと私は思いました。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 5 10 10 10 9

良い点 (Good)

正規版、バルク版両方使いやすいです。
・形がつまみもちに最高
・表面がさわりごこちがよく、横のつかむところがすごい滑らずいい。
・ホイールがしっかりしてる。
・センサーの性能がよく安定したAIMができる。

安い。特にバルク版

悪い点 (Bad)

ソフトウェアが少し使いにくい。
Windowsの設定とソフトウェアの設定を同じくらいにしないと、再起動したときに設定がおかしくなる。

総評

悪い点は設定を同じくらいにしておいたら直ったので、ゲーム用マウスとしてはすごいいいです。

製品版とバルク版で表面のざらざら感が違うので、
触ってみて選ぶといいかも。

総評としては最高です。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
4 2 0 0 5 1

良い点 (Good)

軽い
小さい

悪い点 (Bad)

センサーが糞

総評

これ使ってる人は8割位「誰々が使ってるから~」とかだと思う
センサーが糞な時点でもう使える物じゃ無いよね

steelの数少ない地雷品。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 6 6 9 10 8

良い点 (Good)

・良心的な価格
・シンプルでつまみ持ちには非常に使い易い形状

悪い点 (Bad)

・USBしっかり差し込まないと一見入ってる様に見えても反応しない
・加速があると言われている
・人によるが直線補正の存在
・滑りにくいソール

総評

とにかく人を選ぶマウス。私はミドルセンシ手首Aimなのでこの滑りにくいソールも止めやすく気に入っていますが、話にならないという人も多いと思います。
また加速については切る方法があるようで試したところ体感でもほぼわからないレベルになり、検証もしてみましたがないといって差し支えない状態になったのでとりあえずなんとかなるみたいです。ただこれも環境によるみたいですが。

まぁスポンサーに縛られているとはいえXaiではなくこちらを使うプロゲーマーもいますし言われてるほどポンコツでないのは確かかと。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 5 4 5 9 6

良い点 (Good)

-

悪い点 (Bad)

-

総評

自分的には持ちやすくて軽かったです、が
何故かわかりませんがたまにフリーズすることがあります。一緒に買った知り合いのはフリーズしませんでした。

あとは加速が気になります。Kinzuの前にWMO使ってましたが結構違和感あります。

センサーも難ありですがソールも滑らないです。購入するときはSSのソールも買っておくといいかもしれないです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 8 8 10 10 9

良い点 (Good)

とにかく小さく軽い。合う合わないは人によると思いますけど、無駄な力が要らず素早く照準を合わせられるようになった。
装飾など全くないデザイン。
手汗をかいても全く滑る事なく、べた付かない。
値段が安い。

悪い点 (Bad)

これの前に使っていたDeathAdderと比べるとセンサーが微妙。
加速を切る為の作業が少し面倒(実際完全に切れてるのかは分かりません)
サイドボタンがない(自分は使わないので問題ないですが、よく使う人にとっては致命的でしょう)
初期ソールがゴミ(買い替え必須です)

総評

自分は標準より少し手が大きい方ですが、思っていたよりも持ちやすいマウスです。
直線補正も気になるレベルではないですし、加速も気にならないレベルまで緩和させる事が出来ます。
あまり評判のいいマウスではないみたいですが、自分的には最高に近いマウスでした。
ただ少しの補正でも気になる人や、手の大きい人で被せ持ちをしている人には合わないかもしれないので、一度店頭などで手にとってみる事をオススメします。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 8 8 8 8 8

良い点 (Good)

・表面の加工。
・非常に軽量。
・布巻きコード

悪い点 (Bad)

・人によっては微加速、直線補正が気になる。
・初期のソールが人によってはすべりが悪い。
※ホイールの上下のバグがある。(個体差?)
※1クリックがダブルクリックになることがある。

総評

購入から2ヶ月間使用してみました。

サイドボタンの必要ない人にはほぼ完璧に近いマウスだと思います。

悪い点に挙げられがちな微加速と直線補正は
無料オンラインゲームなどだとかなり感じられますが、CSをやる分にはドライバさえ設定した後アンインストールしてしまえば、あまり体感的には感じられませんでした。


※悪い点にもあげましたが、最近急にホイールを下に回しているのに、ホイールを上に回したときの操作になったり、これと逆のことが起こったりしてきました。個体差なのかもしれませんが。
なのでホイール下に割り当てているはずの操作がホイールアップしたときに起きたりします。

※2つ目の1クリックがダブルクリックになるというは、ゲーム中は問題ないのですが、ネットサーフィン中に1クリックしただけなのに、2度押したような反応が時々起こることがあります。
なるときとならないときがありました。


正直直線補正や微加速意外の面で悩まされることがいくつかあったのが残念でした。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 7 9 10 9

良い点 (Good)

・低価格ゲーミングマウスマウス
・軽い
・LODが短いのでマウスを浮かせた時にカーソルが勝手に動いたりしない
・表面がサラサラしてベタつきにくい
 軽い!

悪い点 (Bad)


・デフォソールが最悪で使ってるとパッドが傷む

・ドライバを入れている時と入れていない時、ま た設定で挙動が違う

・チャタリングがいつ発生するかわからない不安

総評

それ相応
値段,性能ともになかなかのマウスだと思います


買いやすい低価格帯のマウスを買っていくか、妥協して+\2000ぐらいだしてスタンダードなゲーミングマウスを買うかっていう話

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 5 5 2 7 7

良い点 (Good)

・軽い、小さい
・手汗をかく人でもべたべたしにくい表面加工
・クリック感に統一性がある

悪い点 (Bad)

・Kinzuドライバが使いにくい
・直線補正強め
・加速がある(気がする)
・マウスパッドとの組み合わせでは使い物にならない場合がある
・ソールがゴミ
・ソールがゴミ
・コードが布なので癖が強い

総評

ソールを変えましょう。
私はKinzuの純正ソールを剥がした後に4隅にHyperglide Skates MS-3を張り付けてます。
これで使い物になるはず!

と言いたいところですがマウスパッドとの組み合わせによりゴミと化す場合があります。
SteelSeries QcK Mass、Artisan零 Xsoftでは全く問題ありませんが、Artisan KAI.g2ではネガティブアクセルが多発し使えませんでした。


投げ売りされててソールが余ってればチャレンジする価値はあると思いますが、同価格帯の他のマウスの方もしくは新型Kinzuの方が間違いないと思います。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO