• Online: 6
  • Members: 27418
  • Reviews: 1242
  • Products: 1236
wasd.jp > > > SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB

SteelSeries ゲーミングデバイス

SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 9.0 8.0 9.0 9.0
※10点満点 登録ユーザー 1 人による評価の平均点です

製品情報

SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB

『SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB』は2004年に発売された『Siberia Full-Size Headset USB』の後継機種。

変更点

  • 優れたスピーカーユニットとマイクを搭載
  • 快適性を高めるためにデザインを変更
  • 更に改良を加えたパッシブノイズリダクション機能搭載
  • ボリュームコントロールを装備
  • オリジナルより大きな50mmのスピーカーユニットを搭載
  • ベース音、そして全体の音量を増幅するとともに、周波数特性を10-28,000Hzまで改善
  • イアーカップは新たにクローズ式を採用し、厚い革と防音素材で作られたパッドにより、外部の音をより効率よくシャットアウト
  • ソフトウェアを通して、自分好みの設定と、それをプロファイル化する事が可能

スペック

ヘッドフォン部

  • 50mmのスピーカーユニット
  • インピーダンス: 32 Ohm (旧製品:40 Ohm)
  • 周波数特性: 10-28,000 Hz
  • SPL@1kHz: 112dB (旧製品: 99 - 104 dB)
  • ケーブル長: 1m + 2mの延長コード
  • 接続: 3.5mm x 2

マイク部

  • 周波数特性: 50 - 16.000 Hz (旧製品: 80 - 15.000 Hz)
  • 集音パターン: 指向性
  • 感度: -38 dB

USBサウンドカード

  • USB: 2.0
  • サラウンドサウンド: バーチャル7.1
  • イコライザー: 12チャンネル
  • 接続: 3,5 mm (USB cable included)
  • 対応OS: Win XP/Vista/Win 2000/Win 98/Win ME

SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB 正面 SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB USBサウンドユニット SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB ボックス
SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB 製品画像





製品詳細・購入

レビューを書く

『SteelSeries Siberia v2 Full-size Headset USB』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (1)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 9 8 9 9

良い点 (Good)

かなり抽象的になってしまいますが、前置きをさせてもらうと、ヘッドセットに求められているものはおそらく;
①音がクリアか(≠音質)、
②マイクの音がクリアか(≠音質)、
③付け心地がいいか、
の主に3点だということでこの3点になるべく絞る。

①音がクリアか(≠音質)
USBサウンドカード使用時で音は結構クリアです。特に低音が聞きやすいです。音楽も十分聞けますね。高音強調とかがあまりない印象。

②マイクの音がクリアか(≠音質)
今まで使ってた1000円のマイクよりははるかに音が聞きやすいと思います。小声で話してもちゃんと音を拾ってくれます。また1000円ぐらいのマイクでやってるときのノイズみたいなのが全くないってスカイプで評判です。

マイクがきっりち狙った場所に止まる。また、マイクのスイッチがヘッドセットのコードについているのがいいですね。これのおかげでマイクジャックにさしっぱなしのマイクを気にしないでいられます。

③付け心地がいいか
ヘッドホンのサイズ調整に関するトラブルは構造上起こらないです。締め付けは私にはちょうどいいぐらいでした。イヤーパッドも市場に出回っているヘッドホンよりもかなり大きめ。皮パッドなので汗を吸わない。どの角度からヘッドセットを装着しても違和感なくつけられる。

悪い点 (Bad)

①音がクリアか(≠音質)。
USBサウンドカードのせいかわたしの耳がダメなせいかわかりませんが、2次元での音源箇所の把握はわかりますが、3次元になるとよくわからなくなってしまいますね。あとUSBサウンドカードは音の定位が左右に極端ですね。CS1.6なんかはそのぐらいの方が分かりやすくて良い。

②マイクの音がクリアか(≠音質)。
いわゆるノイズキャンセラーがないので、口の前にマイクを出してしまうと息の音がうるさくてたまらんです。なのでほっぺたあたりまでマイクを出して使ってます。幸い狙ったところにマイクはとまってくれるので、そこまで気になりません。マイクを口から遠めに設置しても十分音拾ってくれます。

③付け心地がいいか。
1か月ぐらい使ってみた感じ、頭の上部にあたるパッドについてる4本のワイヤーみたいなのが少しですが緩くなってきました。Siberiaつけて音楽聞いてる時に歩くとヘッドセッドが上下してワイヤーがギコギコって音が聞こえます。私の耳はかなりデカイほうで、siberiaのパッドじゃたらずにスピーカーにまでみみたぶがあたってしまう。たまに痛い。

④光沢がチープ。
デザインはいいんだけど、樹脂の表面がテカテカしててチープに見えてしまうのが気になって5Hとか7H買うかすんごい悩みました。

⑤付属のUSB線がいかにも・・。
USBサウンドカードとPCのUSBポートをつなげる線がいかにもその辺で買ってきた線みたいにみえる。USBサウンドカードと色全く違うし。

⑥分解できない。
5Hや7Hと違って分解できないので、外出してる時に音楽聞いたりする場合は邪魔に感じることがある。分解できればたぶんバッグに入れても大丈夫なんじゃね?という憶測からですが。

総評

初ヘッドセット(ヘッドホン)です。今までオンボードサウンド&スピーカーでした。プレイゲームはCoD系とかCS系とか。スピーカーからヘッドセットにかえたわけですから、それを頭に入れたうえでレビュー読んでください。

室内でのゲーム使用においてはほとんど不満ありません。最近ではスピーカーではなくてヘッドホンで音楽聞いたりすることも増えてきました。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO