• Online: 2
  • Members: 26696
  • Reviews: 1241
  • Products: 1207
wasd.jp > > > Razer Goliathus Gaming Mouse Mat Fragged Control Edition

Razer ゲーミングデバイス

Razer Goliathus Gaming Mouse Mat Fragged Control Edition

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9.2 9.2 9.5 9.2 7.8 9.5
※10点満点 登録ユーザー 6 人による評価の平均点です

製品情報

サイズ(mm)
スペック一覧
縦215×横270×厚さ4
縦254×横355×厚さ4
縦355×横444×厚さ4.3
Razer Goliathus Gaming Mouse Mat Fragged Control Edition
タイプ
表面
裏面 ラバー
購入 アマゾン / 楽天

『Razer Goliathus Gaming Mouse Mat Fragged Control Edition』は世界のトッププロゲームプレイヤー達の開発協力の元、ゲームプレイヤー達の細かい要求に応えるために作られました。

制作にあたり、開発に関わったプロゲーマー達が参加するトーナメントにて実際に使用し、表面加工などの細かい調整を繰り返してきました。
そしてついに最良のセッティングであるコントロールタイプとスピードタイプの2種類に集約されました。

Goliathus はコーティングの施していないやわらかい布系パッドが持つ正確なコントロール性と、ハード系マウスマットのような速度、加速、および非常に鋭い反応性をあわせもっています。

また、Razer が持つファイバーテックテクノロジー素材による、耐久性に富んだ表面加工は、滑走感とマウスを止める為の程よい抵抗をもたらしました。

3種のサイズを導入することで、マウスの感度ごとに異なる腕のふり幅の相性にあわせて、自分にふさわしい最良のマウスパッドの選択を行なうことも可能です。

特徴

  • 重厚な表面の織加工により、最高クラスのマウスコントロール能力を実現
  • 精密なピクセル単位の狙いと追跡能力
  • すべてのマウスの感度設定とセンサーのタイプに最適化されています。
  • 背面のラバーベースによる抜群のグリップ力

粗めに織られた布の加工方法
Goliathus FraggedControl Edition のパッドの織り目は非常になめらかで、マウスが滑っている間も最適なマウスの反応情報をPCに伝達するように研究されています。

全ての感度設定とあらゆるセンサータイプに最適化
Goliathus Fragged Control Edition はマウスの感度設定やセンサータイプにかかわらず、すべてのゲーミンググレードマウスの使用に最適化されています。

3種類のサイズのマウスパッド

  • ローセンシプレイヤーの大きな手のふり幅に合わせた特大のデザイン(Goliathus Alpha)
  • 汎用性の高さに最適な中型のデザイン(Goliathus )
  • ハイセンシヴィティプレイヤーに適した省スペースデザイン(Goliathus Omega)





製品詳細・購入

関連製品

『Razer Goliathus Gaming Mouse Mat Fragged Control Edition』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウス マウスソール

レビューを書く

『Razer Goliathus Gaming Mouse Mat Fragged Control Edition』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (6)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 8 7 8 9

良い点 (Good)

・初動が軽い
・滑りが良い(Speedより滑る
・程よく止まる
・ロゴがかっこいい

悪い点 (Bad)

・生地が硬い(腕支点だと痛い
・初動以降が重い
・ソールが削れる

総評

第一印象は凄く滑る布パッドでしたが、
初動から段々と重くなっていくので軽い力で止まります。
滑り出しが良い為細かい微調整には向いてないと思います。
ローセンシプレイヤーにはオススメ。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 10 10 10 8 9

良い点 (Good)

おそろく布パッドなら1,2を争うほどの初動の軽さ
サイズ別に分かれているのでニーズに応じて購入可能
手入れが楽
ほとんどのソールと相性が良い

悪い点 (Bad)

最大サイズの価格が4kと手痛い

総評

転々とマウスパッドを使ってきましたけどこれは格別ですね
zowieのソールとあわせて使っていますがソールのおかげで初動の軽さが物凄く活かされてます
滑り、止り、初動の軽さが本当に安定していて個人的にはqckシリーズよりお勧めしたいですね
ただ最初のうちパッド全体をなじませるため軽くマウスで一周させてみたらロゴのところで"ザリッ"っていう音がしてちょっと焦りましたが大丈夫のようです
レビューを見て購入の参考になれば幸いです

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 8 9 9 7 9

良い点 (Good)

・初動が軽い(性能)
・狙った所でピッタリ止まる(性能)
・湿気の影響を受けない(機能)
・布なのでソールがすり減らない(機能)
・リフトオフディスタンスが短くなる(性能)
・布パッドの中では耐久性が高い(機能・価格)
・パッドがずれない(機能・使い易さ)
・派手なデザイン(デザイン)

悪い点 (Bad)

・ざらついた表面のため一部布巻マウスコードで引っかかりを感じる(機能・使い易さ)
・ソールが薄いマウスだと引っかかりを感じる(機能)
・特殊表面処理の為、リフトオフディスタンスの短いマウスでポインタがふらつくsteelxaiとzowieECで確認、ダーマのリフトオフ調整で短くしていっても確認できた・・・DA、MX518、G500、MS系では確認できず(性能)
・Steelxaiでゆっくり動かすとロゴ上でポインタが飛ぶ(性能・デザイン)
・見た目価格が高い(価格)
・洗えない(機能)

総評

個人的には最高点の10をあげたい
自分の環境:フラグドアルファコントロール(ラージ) MX518 ポーリング500Hz 1800DPI setpointOFF ミドルセンシ(360度13cm) game CODMW:Promod
上記環境でどれだけ腕を振ってもネガティブアクセル出ませんでした

すぅーー、ぴたっ!!とaimできるパッド
(次点はsteelQcKなのだが耐久性がないので・・・)

価格が高く感じるが耐久性を考えると安い方
ソールも減らないし・・・

マウスを選ぶが、ロジ系、MS系、razerな人たちにはお勧め
しかし、razerだとソールの引っかかりを感じるのでソールの張り替えをお勧めします(ソールが角張っていて、薄い?)

ローセンシな人向け

リフトオフが0.5mm前後短くなります

手首痛いって人はリストバンドお勧めです

フラグド買うよりノーマルのコントロールエディションの方がいいかも(ロゴの滑りが若干違う+誤動作)

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 10 10 8 10

良い点 (Good)

・初動が軽い
・止めやすい
・ローセンシプレイヤーでもマウスがはみ出さない
・デザイン

悪い点 (Bad)

QcKシリーズと比べてしまうと値段が少し気になります。

総評

WarCraft3にて使用

全体的に凄く良いマウスパッドだと思います。

私のXaiではポインタがふらついたり、
ロゴ上でポインタが飛んだりという現象は起きませんでした。
因みにXaiの設定は
ExactSense: 800CPI
ExactRate: 1000Hz

やはりQcKシリーズのコストパフォーマンスが素晴らしい為、
比べてしまうと、どうしてもこちらは高い気がしてしまいます。
しかし、値段と同等、もしくはそれ以上のパフォーマンスを引き出してくれると思います。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 10 9 6 10

良い点 (Good)

・初動が軽い
・かっこいい
・止めやすい

悪い点 (Bad)

・AIMの微調整がしにくい
・少し高い

総評

Control Editionの割に結構すべるなとおもいました。
Qckのすべりが微妙に物足りないと思ってる人にはおすすめです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 10 10 10 10

良い点 (Good)

Razer製品らしいナイスなデザイン
非常に軽い初動
安定した滑り
止めようと思った所でピタっと止まる
湿気に強く劣化しにくい

悪い点 (Bad)

使ってるマウスソールによっては使い物にならない
ザラザラするので腕支点や手首支点の人には不快感が伴う
布製パッドの分際(?)でソールの消耗が早い

総評

QCK+、ゴラスピ、G-PADと所有していますが、最もお気に入りのマウスパッドです。メインで使っているマウスはDeathAdder3500、初期ソールの上にHyperGlideを重ね貼りしてます。ローセンシで使用してますが、特にポインタの飛びやネガティブアクセルは起きていません。他にも多数のマウスを所持していますがレーザーセンサーのマウスだと相性があるような気がします。G500だと多少ネガりますが、Steal系は問題ないようです。

まず、長所ですが、初動の軽さ、滑り、止めやすさは、自分の知っている布製マウスパッドの中ではどれもピカイチです。独特の滑りやすさですが、表現するならば「畳の上を目に沿ってソックスで滑ってるような感じ(?)」。しかも止めようと思ってちょいと力を入れればザラザラした表面にソールが食いついてピタっと止まります。

べた褒めで性能面で見れば良い所ばかりですが、致命的な欠点が一つあります。加工が荒くエッジが立ってるソールだとザリザリと不快に引っかかり全く滑りません。試した事のあるソールではPureTrak系やSteal純正と相性が悪いです。逆に相性が良いと感じるのはHyperGlideシリーズやZOWIE純正ソール。特にHyperGlideはある程度高さがあるので、止めようと力を入れた時に良い感じにザラザラの表面に引っかかってくれます。更にエッジの加工が滑らかなので滑走時に安定感が素晴らしいです。

2つ目ですが、表面の加工の関係上、手首支点や腕支点だと肌が触れ合ってザラザラした加工が非常に不愉快に思います。腕支点の人なら机の角が支点になるようにすれば問題無いですが、手首支点の人はリストバンドを付けるなりしないと非常に違和感があるかもしれません。肘支点の人や手首や腕を浮かしてる人には影響が無いので、かなりオススメです。

3つ目のソールの消耗が早い点ですが、あくまで布製にしてはというレベルです。それでもQCKやゴラスピのような一般的な布製が半年保つならゴラコンの場合3ヶ月くらいで交換するのが良いと思います。

長くなりましたが、非常にオススメのマウスパッドです。ただ、独特の表面加工がかなり人を選ぶのは間違いないと思います。合わない人にはとことん合わないけど、ハマる人にはオンリーワンの魅力を持った、そんなマウスパッドだと思います。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO