• Online: 1
  • Members: 27359
  • Reviews: 1242
  • Products: 1236
wasd.jp > > > DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM12)

DHARMAPOINT ゲーミングデバイス

DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM12)

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7.8 9.0 7.8 8.3 6.0 7.8
※10点満点 登録ユーザー 4 人による評価の平均点です

製品情報

DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM12)

『DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM12)』は取り回しがしやすい光学式センサーを搭載した右利き用のゲーミングマウスです。

特徴

  • 取り回しを重視するために極限まで切り詰められたボディ形状
  • ローセンシユーザーにも"あと1cmに手が届く"優位性を実感できる極限まで削減されたフットプリント
  • 伝統の光学式センサーモデル
  • ハードゲーマーの要望に応えたチルト抑制機構
  • フルスピードUSB 16bit ウルトラデータパス 125 ~ 1000Hz 可変レポートレート
  • マウス本体にフラッシュメモリ内蔵、5 つのプロファイルを保存
  • より洗練されたコントロールシステム ダーマコントロール 2
  • 上位互換の高機能スクリプト
  • CPI 設定、リポートレート、ポインタ速度、加速の有無を管理可能なマウスコントロールパネル
  • 4段階 CPI チェンジ
  • ファームウェアアップデート機能
  • OMRON 社製スイッチ採用
  • 絡みにくく扱いやすく更に従来よりも耐久性に優れた、取り回しのよさを重視した柔らかな布巻きコード

スペック

  • トラッキング解像度 : 400-800-1200-1600cpi(ユーザー任意設定)、3200cpi エミュレーション動作(X/Y 軸独立設定可能)
  • 最大加速 : 15 g
  • 最大スピード : 40ips(表面によって異なります)
  • フレームレート : 6,400fps
  • USB データバンド : 16bits/axis
  • USB レポートレート : 125 ~ 1000 Hz(ユーザー任意設定)
  • スリープモード : なし DC モード動作による常時稼動
  • リフトオフディスタンス調整機能 : あり
  • ファームウェアアップデート機能 : あり
  • ボタン数 :10
  • ケーブル長約 1.8m
  • 横 64mm ×縦 121mm ×高さ 42mm
  • 重量 : 約 110g(ケーブル含む)
  • マウスフィート : PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)

DHARMA TACTICAL MOUSE 【 DRTCM12 】 -1 DHARMA TACTICAL MOUSE 【 DRTCM12 】 -2-
DHARMA TACTICAL MOUSE 【 DRTCM12 】 -3- DHARMA TACTICAL MOUSE 【 DRTCM12 】 -4-
DHARMA TACTICAL MOUSE 【 DRTCM12 】





製品詳細・購入

関連製品

『DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM12)』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウスパッド マウスソール

レビューを書く

『DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM12)』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (4)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 10 10 7 9

良い点 (Good)

・右利きにはフィットする構造。
・本体は軽いほうだが止めたいところで止まる
・コードが柔らかくコードホルダー不要
・AIMの水平移動がしやすい

悪い点 (Bad)

・サイドボタンが奥側に設置されているので押しにくい人もいるかも。
・ホイールが少し左右にカタカタするが支障にはならない程度
・値段が高め

総評

実際使っていて不満に思ったのはサイドボタンの配置だけ、そこは持ち方を少しかえたりするだけで改善される。
つまみ、つかみ、かぶせ持ちのどれでもフィットし、使いやすいです。
値段は少し高めですが性能はいいので買ってみる価値はあります。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
3 9 5 5 2 4

良い点 (Good)

・設定の保持
1ms単位で設定できるマクロやレポートレート、CPIの設定が保持できる

・リフトアジャスト
読み取りが不安定になるのでお勧めはしないが「1mm以下」な設定も可能といえば可能。相変わらず単位は不明。

・ボタンの感触
右クリック以外は硬すぎず柔らか過ぎずの絶妙な硬さ。
チルトは固定してしまえば気にする必要はない

悪い点 (Bad)

・極限まで削減されたフットプリント
「1cmに云々」の割には無駄に大きいソールで細かく動かしにくい。
先端付近に力がかかるとケツが浮く尻軽野郎。

・形状を無視したサイドボタン位置

・右クリックが軽い

総評

価格さえ目を瞑れば選択肢としてアリ。
リフトアジャスト、もしくはマクロに金を払えるなら余裕でアリじゃないかなと思います。

どうでもいいけど設定ソフトのレスポンスの悪さが気になった。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 9 8 9 7 9

良い点 (Good)

・手が小さい人には非常に持ちやすい。被せとつまみの中間みたいな持ち方した時の取り回し易さが絶妙
・機能が盛りだくさん。マクロにリフトアジャストetc。有り過ぎなくらいでまず困らない
・価格が下がって5000円台

悪い点 (Bad)

・前方のサイドボタンがどう考えても押せない
・柔らかすぎて断線しないか不安になってくるコード
・定価ではやや高め
・直線補正
・ホイールクリック硬すぎ

総評

誰にでもそこそこ合うけど本気で気に入る人は少なそう。価格も下がってるし少なくともハズレマウスではないので買ってみてもいいんじゃないかと。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 8 8 9 8 9

良い点 (Good)

・自然な持ち易さ
・バンジーなしでもどうにかなるコード
・男ホイール

悪い点 (Bad)

・ホイールクリックは鈍さを感じる

総評

私は、サイドボタンは許容範囲でした、どう考えても
押せないなんてほどではないです。
左右チルト、DPIスイッチにもゲーム用コマンドを
割り当て可、ゲームによっては重宝するでしょう。
少し左寄りにコードが付いていますが、変な感じは
ありません。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ