• Online: 3
  • Members: 27779
  • Reviews: 1243
  • Products: 1258
wasd.jp > > > ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT S QuakeCon2010

ARTISAN ゲーミングデバイス

ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT S QuakeCon2010

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9.0 9.0 9.5 9.3 8.8 9.3
※10点満点 登録ユーザー 4 人による評価の平均点です

製品情報

サイズ(mm)
スペック一覧
縦220×横250×厚さ3
ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT S QuakeCon2010
タイプ
表面 アムンゼン織地
裏面 特殊防滑材
購入 アマゾン / 楽天

『ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT S QuakeCon2010』は、『ARTISAN』が『QuakeCon 2010』出展用に制作したゲーミングマウスパッドです。

特徴

  • アムンゼン織地(梨地)による滑走面は安定したトラッキングを実現。梨地滑走面徴は、そのザラつき感がマウスの移動距離を伝えてくれます。太いナイロン糸による織地にはない、精細な移動感覚が得られます。
  • 強撚糸と甘撚り糸の組み合わせによる梨地組織はマウスによるトラッキングを容易にします。
  • 滑り性は速すぎず、遅すぎず。万人の方に操作しやすく設定しています。ソフト版は、滑り性を抑えた分、より万人向きに。
  • 誰にでも扱いやすく、湿度による滑りへの影響もほとんどありません。
  • 滑走面:ポリエステル織地(梨地)
  • 中間層:3mm 厚特殊構造発泡体
  • 中間層硬度:ソフト
  • ソール:特殊防滑材(ベタつき無し)
  • QUAKECON モデルには量産版とは異なりロゴ印刷がなく、シュリンクなしの包装となります。





製品詳細・購入

関連製品

『ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT S QuakeCon2010』ユーザーは、以下の製品と組み合わせて使用しています。

マウス マウスソール

レビューを書く

『ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT S QuakeCon2010』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (4)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 9 10 10 10 10

良い点 (Good)

滑りが良い。
滑りからすると止まる気がする。
シンプルなデザインと落ち着いた色合い。

強力な裏面の滑り止めシート。
ベタつく寸前くらいの手触りで、綺麗な面においておけばまず滑らないだろう。
ローセンシプレイヤーが広い面積をガシガシ動かしても不満は出ないように思う。

悪い点 (Bad)

梨地な表面が手先などが触れたまま動かすと結構ひりひりするくらい痛い。
人によってはマウスの持ち方改善が必要。

総評

まだ使い始めてから日が経っていないので耐久性などは不明だが、性能は良さそうである。
赤と青モデルがあるが当方使用は青モデル。落ち着いた色合いが集中力の妨げにならない。

もう少し止まりが良くても良いかも知れない。

全体的に良くできており、コレを選んでおけば間違いはなさそうである。

※相対評価として、基準にダーマポイント製DHARMA TACTICAL PAD (DRTCPW30S)をおいています。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
10 10 10 10 8 10

良い点 (Good)

飛燕ソフトひっくるめてレビュー
Qconのシンプルなデザインは好きです
滑り出しはg-tfより重くqckに近い感じがしました
wmo500hzですがトラッキングには全く問題ないです
机の上においてますが裏面のグリップ力も高くずれることは無いですね
というより裏面がswiftよりも止まるのにべた付きもないので凄いと思いました
パッドの厚みも4mmほどで丁度良く硬さも沈みこむ感が無いです
紹介文の通り滑り性は速すぎず、遅すぎず。万人に操作しやすくなってます、使ってて安定感がありました

>【移動距離感】マウス、手を通して精細な移動距離感を伝えます。

QCKminiと飛燕Softを比べてみるました。
Qckはぬるぬると動きスムーズな感じです、飛燕は表面のざらざら感がマウスを通して手に伝わってきます
飛燕の方が動かしてる感はありますがそこら辺はお好みで

悪い点 (Bad)

悪い点は無し

総評

表面はqckよりはザラザラg-tfよりはザラザラしてないって感じですね
凄く安定するし買って損をするという事は無いです
これで耐久性があればいう事がないです
宣伝読んだせいか(プラシーボ?)中間層がいい感じです

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
9 9 10 9 8 9

良い点 (Good)

総評に記載します。

悪い点 (Bad)

総評に記載します。

総評

よく滑ります。
ZOWIE GEAR G-TFと同じアムンゼン織地ですが、サーフィス部分を手でなぞるとかなり感触が違います。ARTISAN KAI.g3 飛燕の方がザラつきが粗く、マウスの持ち方によっては長時間の使用で手を痛めるかもしれません。
初動、滑りともにG-TFの方が軽快ですが、止めに関しては飛燕の方に分があります。ARTISANの特徴書きにある「梨地滑走面徴のザラつき感がマウスの移動距離を伝えてくれる」というのは残念ながら、使用時に感じることは出来ませんでしたが、小指と薬指をサーフィスに付けて滑走させている自分には、このザラつきのおかげでG-TFよりマウスをピタリと止めれるように感じました。また、マウスをパッドに押し込んで滑走を止める方には、G-TFより布地が柔らかく弾力性のある飛燕の方が扱いやすく感じるのではないでしょうか。

初動:G-TF>>飛燕 SOFT>SteelSeries QcK
滑り:G-TF>飛燕 SOFT>SteelSeries QcK
止り:SteelSeries QcK>飛燕 SOFT>>G-TF
といった印象です。バランスが取れています。

Xai、Kinzu、EC2、IMO、DeathAdder、DRTCM15で試してみましたが、トラッキングに問題はなさそうです。

裏面は同社から出しているHyper Gaming Sheetと同じ素材で、グリップは非常に強く、机の上でずれることはありません。

非常に良く出来ていると思います。
特に驚いたのが均等な表面層です。手でゆっくりとなぞっても凹みを一切感じず、プラ並みの平滑さです。弾力性が好みなのでQcK+をずっと使い続けていますが、こちらはお世辞にも平滑な表面とは言えません。ウネりが酷く、湿気にも弱いマウスパッドなので、そういった部分だけを取り上げれば、飛燕の方が良く出来ているかもしれません(総合的な評価は別として)。

量産版には「飛燕」という漢字文字が入るそうですが(好みではありません)、それでもSOFT Lを買おうと思っています。
枚数限定であったSOFT L QuakeCon2010を買わなかったことが悔やまれます。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 8 8 8 9 8

良い点 (Good)

-

悪い点 (Bad)

-

総評

よく滑ります。
非常にいいマウスパッドだと思います。
購入を考えてる人はそのまま購入してOKだと思います!

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO

ARTISAN 製 マウスパッド

ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT S QuakeCon2010 ユーザー (6)