• Online: 3
  • Members: 27738
  • Reviews: 1242
  • Products: 1258
wasd.jp > > > Sound Blaster Tactic 3D Sigma

Creative ゲーミングデバイス

Sound Blaster Tactic 3D Sigma

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
6.7 7.0 6.3 6.7 7.0 5.7
※10点満点 登録ユーザー 3 人による評価の平均点です

製品情報

Sound Blaster Tactic 3D Sigma

『Sound Blaster Tactic 3D Sigma』は、50mm のネオジウムドライバー、3D ゲームサウンドを提供する THX TruStudio Pro テクノロジーを搭載し、スチールコア製ヘッドバンドで堅牢性を高めたゲーミングヘッドセットです。

オーディオ設定をカスタマイズして個別に保存することが出来る TacticProfile 機能が搭載されており、保存したファイルを出力することで他のプレーヤーと設定を共有することが可能となります。

この機能を利用して、プロゲームチーム United States compLexity GamingUnited Kingdom Team Dignitas に所属するプロゲーマーのプロファイルが標準で付属されます。

マイクブームは取り外し可能となっている他、ボイスチャットの音声を様々なキャラクタにモーフィングさせることが出来る VoiceFX テクノロジーが採用されています。

仕様

  • インターフェイス: USB2.0(タイプA) / 3.5mmプラグx2(マイク/ヘッドホン)
  • 電源: USBバスパワード
  • デバイスドライバ: DirectSound、MME、WDM
  • 対応API: DirectSound / DirectSound 3D
  • EAX 1.0 / 2.0 / EAX ADVANCED HD 3.0 / 4.0※
  • Open AL
  • ケーブル: 約2m
  • 重量: 約299g (パッケージ除く)

ヘッドホン

  • ドライバーユニット: 50mmネオジウムマグネット
  • 周波数特性: 20Hz~20kHz
  • インピーダンス: 32Ω
  • 音圧感度(1kHz): 102dB/mW

マイク

  • タイプ: ノイズキャンセリングコンデンサー
  • 周波数特性: 80Hz~14kHz
  • インピーダンス: 2.2kΩ以下
  • 音圧感度(1kHz): -48dBV/Pa(単一指向性)





製品詳細・購入

レビューを書く

『Sound Blaster Tactic 3D Sigma』について、あなた の評価や点数を投稿してください!

レビューを書くにはログインする必要があります。

レビュー (3)
デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
8 6 7 8 8 6

良い点 (Good)

自分の頭の大きさだとすっぽりとはまって付け心地が良い
付属のUSBアダプタで出力してもそれなりの音質
ヘッドセット+USBアダプタでこの性能と値段はかなりお買い得
USB出力している時にできる設定でかなり細かくいじれる
デフォルトでプロゲーマーの設定もついているためそこから自分好みに設定を変えたりなども可能

マイクの音質はかなり良い。聞こえる範囲などは試していないので不明。
キーボード音などは結構拾ってしまうが拾いすぎというわけでもない。

悪い点 (Bad)

ヘッドセットを付けていても非常に周辺の音が聞こえてくる。
自分の環境が悪いせいかもしれないがファンの音が音量大幅アップして聞こえてくるせいでゲームの音が聞こえなくなるくらいうるさい。
少し重い(ただ、前使っていたヘッドセットも結構重かったので自分は少しだけ重くなったかな?程度の変化しか感じなかった)

総評

専門的な知識などは無いので買って付けてみた感想を言わせてもらうと

ゲーム用ヘッドセット買いたいけどサウンドカード無いと意味無いとか言われてるし・・・・でも二つ買うお金ないどうしよう・・・という人にオススメかもしれません。

細かい設定変更はUSB接続したときのみできるのでヘッドセット買い換えたい人(サウンドカードを持っている人)にはあまり意味が無いかもしれません。

良くも悪くもサウンドカード込みで8,980円といった感じです。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
7 8 4 6 5 4

良い点 (Good)

・恐らく高音質
 篭っていますがドンシャリの価格相応の高音質かと。少ししか使用していないのでなんともいえませんが。

・すばらしい定位
 FPSで少し使いましたが敵の位置がはっきり判りました。

・ドライバーが使いやすい
 機能も豊富で面白いです。少ししか使用していませんが。

・フィット感が良い
 側圧がやさしくパッドもやわらかいです。

悪い点 (Bad)

・「THX TruStudio Pro Dual Mode USB 2.0アダプター」がゴミ
 酷いもんです。
「少ししか使っていない」と言っているのはこのせい。
何がどう酷いかって一言で言えば”ノイズ”です。
3.5mmのステレオ接続端子をPC本体に繋いだときはよい音をだしてくれるのに、USB接続にした途端ノイズが乗ります。
私は、インラインリモコンが服などに擦れ、音量が変わった時に、すぐさまいつもの音量に戻せるように、インラインリモコンの音量は常にMAX、でPC内のマスターボリュームで音量の変更はおこなってきました。

もちろん、この製品も例外ではありませんでした。ですがどうでしょう、USB接続でいろいろな調整をおこなった後、音楽を聞くと酷いもんでした。「ズズズ。ズズズ」と8千円もする製品とは思えないノイズが聴こえてきました。とくに静かな曲を聴くと明かでした。

最初は、マザーボードのUSB端子を疑いましたが、家にもう一台あるPCに接続しても鳴ったのでUSBポートのせいでは無いことがわかりました。

次に、インラインリモコン内の不具合かと思い、USBアダプターに別のヘッドセットの3.5mmピンをさしてみたところ、こちらも音量をMAXまで上げるとノイズが発生しました。このことからSigma本体とインラインリモコン内の問題では無いことが判明しました。

最後、初期不良を疑いました。さっそくクリエイティブに交換修理を申しこんで集荷してもらいました。そして4日後ぐらいに新品と交換という形で送ってきました。初期不良の対応はgoodだとおもいます。
ですが、結果は残念でした。ノイズはかわらずでした。


そしてこのノイズの問題は
「USB接続さえしなければ問題無く音はでる。だが、USB接続しないとドライバ、すなわちサラウンドなど、この製品の特徴、全てが使えない」
というジレンマを生みだします。
これは苦肉の策ですが、USBで使う際の唯一のノイズ対抗策としては”リモコンの音量を極小にしてPCのマスターボリュームをその分上げる”というものです。ですが私はマスターボリュームは100にしたくないのでこの策はとりませんでした。
この製品はお蔵入りになるでしょう。

ちなみに、くり返しになりますが3.5mmで接続したときは普通のヘッドセットとして問題なくつかえます。


それとケーブルですが、カップうどんの麺より薄く、平たく、やわらかく、ゴムっぽい(グリップ力?がある)ので椅子の足などで踏んでしまう環境の人はすぐぼろぼろになるでしょう。断線が心配すぎます、このケーブル

総評

装着感・ヘッドホン音質・マイク性能・ドライバーの機能・デザイン・サラウンド・ etc... 
全て満足だったのに、ノイズが鳴ってはオーディオ機器として意味がありません。
8千円もしたのに…

クリエイティブの製品は初めてだったので期待したのですが、初めての製品がハズレで残念でならないです。失望しました。
もうこれはヘッドセットが壊れたときの、次の製品までのツナギのヘッドセットになるでしょう。非常に残念です。

ちなみに開封したので返金もできません。

デザイン 機能 性能 使い勝手 価格 総合
5 7 8 6 8 7

良い点 (Good)

イヤーパッドが革製(素材はビニールでしょうが)のため、密閉感があって外部の音が聞こえにくいです。

専門的な知識は一切ありませんが、以前使用していたSennheiserPC323Dと比べて、音がクリアでハッキリと聞こえる気がします。
その分、密閉感も相まってFPSをする際の敵の足音なども聞き分けやすく感じます。
Windows側で音量を最大にしてもノイズが入るというようなことはありませんでした。

マイクは、昔使っていたFatal1tyなんとかヘッドセットに比べてクリアな音質で、雑音等も入らず、特に問題ありません。

数年前に発売された製品なので、最近のヘッドセットでは少なくなった、コード中間部でマイクのON/OFFやボリューム調節ができるミニコントローラーがついています。
コード自体は、フラットなLANケーブルのようなきしめん状で、特別貧弱な感じではありません。

価格帯も割りとお手頃なので良かったです。

悪い点 (Bad)

以前使ったことのあるFatal1tyなんとかヘッドセットと共通で、締め付けが強く感じます。
イヤーパッド自体は分厚くて柔らかいので、耳は痛くないですが、長時間つけてると締め付けのせいで軽い頭痛のような症状になる場合も・・・。

とはいっても、この手のものは使ってるうちに緩くなってくるので、はじめはこれくらい強いほうがいいのかもしれませんが。

何度も言うようにイヤーパッドは革製で、密閉感がある分、夏場は少々蒸れる気がします。
個人的には布製のほうが好きです。

あとマイクについて、特に悪い点というほどではないんですが、Creative製に多い取り外し可能なクネクネ曲がるマイクで、これまた個人的にはSennheiser製に多い、上げ下げする位置固定式のほうが好きです。

総評

PCとの相性の問題で最近のSennheiser製ヘッドセットではマイクに不具合が発生するようになった為、こちらを購入しました。

もちろん、こちらではマイク不具合は発生せず、思っていたよりマイクがクリアな音質で満足しています。

USB接続も可能ですが、僕はアナログ接続にしています。
USBで接続するとドライバを入れて、いろいろ調節出来ますね。Creativeお馴染みの簡単なボイスチェンジャーも使えます。

今まで使っていたヘッドセットと違う点が多くて慣れるまで時間がかかりそうですが、製品自体は悪いものではないですし、価格もお手頃なので気になってる方は買ってみても損はしないと思います。

関連情報

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

ゲーミングPC

デル株式会社

アメリカのトップゲーミングPCブランド『Alienware』。
タワーからノートまで圧倒的スペックで勢揃い。

  • ドスパラ


    幅広いカスタマイズが可能なゲーミングPC『Prime Galleria』シリーズ
  • フェイス

    フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
    LED&クリアパネル搭載ケースが特徴、見た目にもこだわったハイエンドモデル『PASSANT』
  • G-Tune

    マウスコンピューター/G-Tune
    エントリからハイエンドまで幅広い選択肢の中から選べる『G-Tune』シリーズ
  • パソコン工房

    パソコン工房
    安定プレーのために電源・ケース・マザーボードにもこだわった『GS』シリーズ
  • Storm


    ゲーミングスタイル・スペックに特化したラインナップを揃えた『Reactor』シリーズ
  • TWOTOP

    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)
    拡張性の高いケースを採用した、エントリマシンに最適な『G-Spec』シリーズ

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ARTISAN

ROCCAT

EIZO